FC2ブログ

おもてなしはピリッと辛くそしてほんのりと甘く好評!!ボランティア交流会

8月30日(日)。第13回北海道立美術館ボランティア交流会の日。
岩内で本当にやれるのか、多分そんな不安を抱きながら全道から約90名が参集する。
12時、私たちは木田美術館集合。
「今日はあなたが主役」の大森会長挨拶のあと持場にGO。
12時30分頃からほぼ10人単位で次々と来館し4名の受付は名簿をにらめながらの応対。
展示室は7名が監視役、私は第3展示室だった。
「この絶筆のばら、いいねえ。」
「こちらの牡丹もすてきよ。」
「楽しみにして来たのですよ。美術館二つも見れるもの。」
つぶやきが期待の大きさを物語る。

2時、参加者の移動開始。行先は荒井記念美術館。
分刻みの輸送プランどおりいくがどうかが最初のハードルだ。
高原ホテル送迎バスが早め早めに配車されたこと、各グループの協力等のおかげでかなりの余裕をもって荒井美術館内の全体会会場に移動完了。
bo_kou1.jpg
ここは、もともとコンサートホールで定員は200名のところ、グループ毎の人数に応じてバランスよく割当てたせいかしっとりとした雰囲気が全体を包む。

2時50分、進行の水戸さんの開会宣言。
会長挨拶は「おもてなしはピリッと辛くほんのりと甘く」、
bo_kou2.jpg
次が瀧澤館長から歓迎の言葉。
3時。学芸員の岡部さんの講演「木田金次郎美術館15年のあゆみ」、美術館を設立し町に活力をと願う町民有志の行動が、行政を動かしたという開設当初から15年間の足跡を学芸員の目を通して要領よく話していただいた。

さあ、全体協議。役員会でも協議方式でずいぶん揉めたところ。
司会は副会長の森井さん。議題は事前に各グループにお願いし共通性高いものに絞った。
bo_kou3.jpg
提案者は各グループ1名、だから6名がステージ上で主に提案し発言する。
一般席からの補足発言はマイクをまわし対応する。
分科会と全体会を融合したオリジナルな進め方。
しかし、森井さんの司会が冴えた。議題すべてについて、時間の過不足なく発言を引出した。
全員参加だから情報の共有ができ一体感があったに違いない。
見事なさばきで第二のハードルもクリア。
4時40分、協議終了後に緞帳を引きテーブル等片付ける。
参加者はピカソ鑑賞後、隣接の懇親会場へ急ぐ。

5時10分、眼下に岩内湾の素晴らしい眺めが一望できる会場でテーブルは10卓、ほぼグループ毎に座っていただき森井副会長から開会挨拶。
表教育長の乾杯、今日特に参加していただいた3名の方をご紹介する。
元館長お二人に初代美術振興協会会長。私たち、本当にお世話になりました。
感謝しています。
大皿には料理長が地元特産の海の幸、山の幸の食材をふんだんに使った料理の数々、デザートは西瓜にメロン。
もう、みんな大満足。恒例のスピーチがまた良かった。
5分厳守が徹底され、内容もそのグループの特色がにじみ出るものだった。
会場が耳をそばだてたのは西村美術館フルールと小川原美術館友の会。
フルールの紙芝居は好企画で満場拍手。
bo_kou4.jpg
とに角この2グループは初参加で、この交流会が道立の枠から一歩踏み出せるか、今後も注目したい。
時間にゆとりが出たので吉田初代会長に特別スピーチをお願いし、締めは前館長で現在は美術振興協会事務局長を務めボランティアでもある前田さんのスピーチと乾杯でお開きとなった。
7時散会。出口で皆さんと再会を約しお送りした。

※表題だが、2年前の釧路会場で次期開催地スピーチの際に、ミニグループなりの心意気として「山椒の実は小粒でも・・」と話したことにつながる。
過密日程を遅滞なく進める緻密さ(辛く)と、この町にはるばる来られた参加者お一人お一人には暖かく接する(甘く)。
交流会を引受けるにあたり私たち誰もが抱いた気持ちを表したフレーズである。

【交流会参加者からの感想をご紹介】
boran_kanso.jpg
初めて参加しました。
他の美術館の活動や悩みがよくわかって勉強になりました。主催者の岩内の皆様のお心遣いが温かく伝わる交流会でした。
又、すばらしい美術館が二つもある環境に驚きました。
木田金次郎、西村計雄、ピカソの迫力を直に感じて元気がでました。ありがとうございました。お料理も大満足でした。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析