北海太郎の「道銀コレクション」めぐり(6) 小野州一と小谷博貞

北海太郎です。
今日で展示も最終日。

北海太郎
デンデケデン。

今回の展覧会は、「道銀コレクション」の作品の多くを、
最後の展示室「展示室4」で紹介しているけど、
この部屋でひときわ大きく、鮮やかな2つの作品を紹介するね。

小野州一
小野州一「パリの夜景」1969年

これは小野州一(おの・しゅういち)さんの作品。
ブルーがとても印象的だね。

小野さんはパリでたくさん制作した人。
晩年は富良野を拠点に活躍していたんだよ。

小谷博貞
小谷博貞「防雪林(1)」1969年

これもブルーがとてもきれいな作品。
小谷博貞(こたに・ひろさだ)さん。
この人は長く抽象表現を追求した人。
木田金次郎との関わりも深くて、
2001年には木田金次郎美術館で講演をして下さったんだよ。
今回の展覧会に連なる、木田美術館の活動に大きなヒントをくれた人でもあるんだ。

ほんとにブルーが素敵な作品。
今日で見納めだけど、みんな忘れないでね。

*****************************
 木田金次郎美術館 開館15周年記念特別展示
 「島本融の眼:北海道銀行コレクション」
 9月13日(日)まで 本日最終日!
*****************************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析