FC2ブログ

北海太郎の「道銀コレクション」めぐり(5) 北岡文雄と栗谷川健一

こんにちは!北海太郎です。
北海太郎
展覧会ものこすところあと2日。

終わっちゃうなんて、寂しいな。

さて、今回ご紹介するのは、北岡文雄(きたおか・ふみお)さん。
木版を手掛けてきた版画家だよ。

北岡文雄
左上から「雪景色」「早春の駒ヶ岳」、「おうむ貝」、「早春の尾瀬ヶ原」

北岡さんは、奥さんが札幌出身というご縁で、北海道との関わりがとても深い人。
北海道銀行でも、本店やたくさんの支店に、作品があるんだよ。

北海道では、版画家の集まりをつくったり、
海外で版画指導をしたりと、
日本を代表する版画家のひとりなんだ。

今回の展覧会では、北岡さんの仕事をもうひとつ。

北岡文雄レリーフ下絵

北岡文雄レリーフ下絵2
本店レリーフの下絵だよ。

前に紹介したように、実際のレリーフは、
本郷新・山内壮夫・佐藤忠良という彫刻家3人がつくったのだけど、
島本頭取は、北岡さんをはじめ、いろんな作家さんに、プランをつくってもらっているんだ。

そんな作家のひとりが、栗谷川健一(くりやがわ・けんいち)さん。
デザイナーだよ。

北海道の観光ポスターや、札幌オリンピックのシンボルマークなど、
いろんなところでこの人のデザインを観ることができるよ。

栗谷川レリーフ下絵

栗谷川レリーフ下絵2
これが栗谷川さんによる、レリーフの下絵。
木目調で、牧歌的なデザインだね。


このほかに、北海道生まれの抽象画家、難波田龍起(なんばた・たつおき)さんなどにも、
島本さんは下絵を描いてもらっているんだって。

これはとても貴重な資料だなあ。

*****************************
 木田金次郎美術館 開館15周年記念特別展示
 「島本融の眼:北海道銀行コレクション」
 9月13日(日)まで お見逃しなく!
*****************************
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析