FC2ブログ

「100年後に残したいふるさとの風景」in西村計雄記念美術館

8月9日(日)、共和町・西村計雄記念美術館で行われた公募展
「100年後に残したいふるさとの風景」の表彰式に行ってきました。

nishimura.jpg
(表彰式の様子)

最高賞である町長賞に輝いたのは、共和町東陽小学校6年生の佐々木悠さん。
幌似の鉄道記念館を描いた作品で、細部まで丁寧に描かれていました。
表彰状・記念品授与、町長のお話、記念撮影と続き、表彰式終了後は、審査員である宮崎良一氏による講評も。
特別展示室には、子どもたちの絵がびっしり!
すべての絵に紙の枠がつけてあり、一点一点の絵がとても見やすい丁寧な展示でした。
題材は、神仙沼、幌似駅、ケンブリッジ、田んぼなどがありました。
風景今年初めての試みながら、応募総数が257点もあり、見応えがありましたよ~。(残念ながら、8月9日で会期は終了しました。)
冬には、木田美術館でも「ふるさとこども美術展」を開催します。
こちらもどうぞよろしくお願いします

(G・I)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析