FC2ブログ

木田金次郎の本棚(7) 『明日への科学』

木田金次郎の本棚
asueno-kagaku
島本融編 『明日への科学』

この本も、開催中の特別展示「島本融の眼:北海道銀行コレクション」に関する本。

1961(昭和36)年、北海道銀行創業10周年を記念して、
札幌市民会館を会場に開かれた講演会の記録です。
「明日への科学」のタイトル通り、人文科学、自然科学など、
様々なジャンルの講師による講演でした。

その講師とは、

貝塚茂樹(中国古代史)、
西堀英三郎(第一次南極越冬隊長)、
難波捷吾(電波工学)、
桑原武夫(フランス文学)、
牧野佐二郎(動物学)、
今西錦司(生態学)、


と錚々たる顔ぶれ。

実は、この講師たちは、島本融の出身校、
京都一中、旧制第三高等学校(京都)の同級生・同窓生なのです。

いわゆる「京都学派」が身近な友人であった島本。
島本だからこそ、実現できた企画といえましょう。

この本の表紙は、木田金次郎の「菜の花畑」(1956年)。
北海道銀行所蔵の作品です。

講演会の翌日、講師たちが集って座談会が開かれたときの写真があります。
(今回の特別展示でも紹介しています)

明日への科学座談会
「明日への科学」講師座談会 1961年6月28日 北海道銀行円山クラブ
左から藤野重夫(当時北海道銀行常務)、貝塚茂樹、島本初音(夫人)、桑原武夫、今西錦司、難波捷吾、西堀英三郎、藤野夫人

藤野重夫も島本の同級生

皆さん、実に和やかな、いいお顔をされてますね。

この翌日には、一行が小樽、積丹を経由して、
岩内、瀬棚、江差、松前など、道南を周遊してます。
貝塚茂樹が漁船で岩内を訪れ、木田が出迎えている写真も、
特別展示で紹介しています。

多くのものを北海道にもたらした島本。
その一端を、岩内で感じていただければ幸いです。

(学芸員 岡部 卓)

*****************************

 『明日への科学』 
 島本融編 北海道書房
 1961年10月発行

 特別展示「島本融の眼:北海道銀行コレクション」に展示中。

*****************************
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析