「美術館講座2009」を受講して

 趣味は何ですか? と聞かれたら、
“旅行と絵画鑑賞”・・・でしょうか。
特に美しいものを見るのが好きで、
時間の許す限り美術館を歩きたいと
思っている今日この頃です。
幸い、子供たちやお付き合いくださる
お友だちに恵まれ、ときどき美術館で
心と目の洗濯をしています。

 地方からお客様がいらっしゃった折は、
岩内町と共和町の美術館はできるだけ
お供をするようにしております。
お陰さまで折々の展示に触れる事が出来、
嬉しい限りです。
ナイトオープンなどで詳しい説明を聞いた後では、
その感動をお客様にもお話ができて、
本当によかったと思うのですよ。
kouza
 5月9日(土)、「美術館講座2009」の第一回講座に参加しました。
寄る年波で頭が刺激を求めていますので、
良い機会と思いました。
岡部学芸員さんを講師に1時間ほど
「木田金次郎と北海道美術史」
についてのお話を聞きました。
ちょうど私の大好きな「牡丹図」を描いた
「佐藤栄次郎展」が開催中でしたが、
佐藤栄次郎氏を初め、道展で活躍されていた
岩内の画家たちのお話も大変興味のあるものでした。

 その後一旦、お茶の時間となりました。
ふう~っと一息、美味しい紅茶を頂きながら
みなさんとおしゃべり。
それからまた、学芸員さんの解説を聞きながら
絵を楽しみました。
こんな贅沢な時間をたくさんの方々にも
持っていただきたいなあーと思いました。

 今年はあと3回、7月11日、9月19日、
11月14日、いづれも土曜日です。
北海道美術史から、木田金次郎と日本美術史・西洋美術史、
最後に木田金次郎と文学へとお話が
どのように展開していくのか興味津々です。
N.Y
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析