FC2ブログ

美術館講座「有島再会バスツアー」

木田美術館では年4回学芸員を講師に美術館講座を開催しています。5月から隔月で第2土曜日に行われ本年3回目の講座は「有島再会バスツアー」で9月14日に開催されました。
1910年秋、木田金次郎が札幌市郊外の白石村で偶然目にした有島武郎宅に自分が描いた絵を見てもらうため訪問した時が木田と有島の初めての出会いでした。それから7年後の1917年秋、木田金次郎宛に有島武郎から「狩太の農場に数日滞在するので農場に来ませんか」と便りがありました。
11月12日木田金次郎は狩太に向い農場で有島武郎に再会し夜を徹して語り合い、二人の絆はさらに深まりました。この再会の翌年1918年3月16日から大阪毎日新聞、東京毎日新聞に有島武郎の「生れ出づる悩み」の連載小説がはじまりました。二人が再会した1917年、木田金次郎が狩太の有島農場へ向かった経路、足跡を辿るのが今回の講座「有島再会バスツアー」のテーマでした。
DSC02422.jpg

17名の受講者はたら丸バスで13時に木田美術館を出発しました。廃線となった旧国鉄岩内線に沿って走るバスの中で、岡部学芸員から木田金次郎は汽車で狩太に向かった、今から約100年余り以前すでにこの辺りは鉄道が利用出来たなどと当時の鉄道事情について解説がありました。
バスは国富から国道5号線に入り、倶知安峠を経由し、ニセコ町郊外で右折、792号線から道道66号線を通ってJRニセコ駅に到着しました。駅には有島記念館の伊藤学芸員が待ち受けていて、以前使用していた機関車の転車台や、駅周辺の倉庫や施設等について説明がありました。

DSC02415_201910031124493ba.jpg

有島記念館ではビデオ解説や伊藤学芸員から有島の農場開放に関する資料の説明があり、その後展示室での自由研修やギャラリーで開催中の藤倉英幸さんのはり絵作品のコレクション展などを鑑賞し、15時45分有島記念館を後にしバスは岩内町に向け帰路につきました。(M.T)

DSC02425.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析