FC2ブログ

久保奈月個展 “唯今”を鑑賞して

岩内高校卒業生で現在書家として活躍している久保奈月さんの個展が、6月25日(火)~30日(日)まで木田金次郎美術館展示室4で開かれた。

DSC01961.jpg

久保さんは高校時代美術部にも所属していたので、今回の作品も書というより墨彩画のように感じられた。
特に「花鳥風月」はその字をアレンジしてアクリルで彩色した板にシルバーを混ぜたような墨で書いたように思われた。
また木にアクリルの白を塗りそこに墨で書くなど木の質感も感じられて面白かった。
また奥の壁一面に天井から白い布を垂らしそこに大きな字、まるで特大の暖簾のように見えた。

DSC01994.jpg

最後の30日(日)には『書LIVEパフォーマンス』ショー。ゲストには津軽三味線の忍弥(にいや)さんときつけ舞の鈴木豊苗樹(ほうみょうじゅ)さんを迎えてコラボレーション。会場となった展示室4はあまり広くはないが、奥行きがあるので奥の方に4本の柱をつないだステージを作り、背面には白い布、前面には透明な布が張られていた。左右の壁の中央には菊のような模様が3つ照らされ、照明も専門の方が担当しているとのこと。

午後1時30分開演となり、黒い衣装のスラリとしたイケメンの忍弥さんが登場、演奏が始まった。津軽三味線の柔らかくまた激しいリズムの音色をしばし堪能、10分ほどして久保さんが白黒の模様の素敵な衣装でステージに。背面の白い布に上に下に、右に左にと人物らしい絵が描かれ、中央には何本もの線が太く細く縦横に描かれた。まるで人と水を表現しているように見えた。

DSC02015.jpg

つづいてステージ前面の向かって右に鈴木さんが登場。音楽に合わせてゆっくり着物を着て帯を締める。そして和傘をゆっくりと開き閉じた。その風情はとても美しかった。再び久保さんが前面に登場。
今度は透明な布に大きな文字を中央に書いた。ゴールドに光っていたがライトが点くとシルバーになった。

DSC02033.jpg

全てのパフォーマンスが終わりご挨拶され、30分のショーが終わった。
その後各自写真撮影や入り口のグッズ売り場で買い物するなど暫く賑やかさが続いた。観客は約130名ほどである。(T.T)

DSC02039.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析