FC2ブログ

2019美術館講座

年4回奇数月の第2土曜日に開かれる木田美術館講座が、5月11日(土)午後1時から今年度の第1回目が開かれた。
参加者は16名で講師は当館の岡部学芸員。
はじめに現在開催中の春の企画展「木田金次郎かきくけこ」が説明された。以前もかるた風の読み札に作品の特徴が書かれた「木田金次郎あいうえお」が企画されたのだが、同じ作品も読み札が変わるとより深く絵に対しての理解度が深まると思う。

DSC01698.jpg

学芸員の説明を聞いているうち、ふとこんなことを考えた。もしこの企画に次があるとしたら「さ行」も「た行」もあり得るのかな?
もしあるとしたら、作品も視点を変えて読み札を作らなければならない。でもそれも難しいとなったら、言葉の位置を変えて・・・・なんて頭で思い巡らせていたら、意地悪く頬がゆるみ苦笑いをしてしまった。
そんなことを考えているうちにコーヒータイムとなりティーラウンジへ。


続いて二階の展示室4へ移動、開館25周年記念「岩内美術を彩る25人」展について解説。100号を超える作品も多数あり室内に収まりきれず入り口に2作品がはみ出してしまったという。

DSC01699.jpg

年代順に展示され、木田金次郎より5歳年上の佐藤栄次郎から始まり、木田金次郎、その指導を受け道展や全道展会員、木田金次郎美術館初代館長の青塚青爾、そして岩内美術協会会員などなど・・・。

特記すべきは岩内高校初代美術部顧問安原勤二に続き4人の顧問とその教えを受けた生徒たちが折り重なるように続いて引き継ぎ、4年前退職した福田好孝は現在岩内絵画教室の講師として岩内の美術を引き継いでいる。
そして最後は福田先生の教え子松原明季美は今年の春、社会人として第一歩を踏み出しているのだ。

DSC01706.jpg

まさに「絵の町岩内」にふさわしく面々と続き岩内美術を彩っている。
次回は7月13日で「東京の木田金次郎」のスライドショーである。(T.T)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析