FC2ブログ

瀧下展―ギャラリートークに参加して

2008年に「中日新聞」に短期集中連載された有島武郎の「生れ出づる悩み」の挿絵を担当した愛知県在住の日本画家・瀧下尚久さんの原画展が春日井市で開かれ、私が招かれ少々お話をすることになり出かけてきました。

20190510120217.jpg

私とはその前年(2007年)取材で岩内へおいでになった時以来交諠をいただいております。
2008年12月の当館でのワークショップ・作品展と4度程岩内にお出でですが全て12月で吹雪の岩内でした。

4月24日のギャラリートークは平日にもかかわらず40名程の来場者で、地元での瀧下さんの人気がうかがえました。私は岩内の木田美術館の成り立ち、瀧下さんの取材の裏話など40分程お話をさせていただきました。

DSC01455.jpg

原画は2008年の当館での展示以来の公開でしたので、地元の方や瀧下さんの教室の生徒さんなど沢山の入場者から北海道の漁場の様子や道具の説明まど質問攻めでした。また春日井市はかの小野道風の出生地ということで書道の盛んな街でした。(T.S)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析