FC2ブログ

鮑とテックイ(ヒラメ)の刺身

1月31日今日は美術館の新年会です。早めに家を出て岩高芸文祭を見学しました。
新年会の会場が円山の高島旅館、ここ2,3年続いて利用していますが、聞くところ中々会場予約が多く利用できない方もあるとか。本当にご苦労様です。
美術館の方から高島さんの新年会の感想を一筆書いて原稿を出すように注文を受けてしまいました。綴方を書くように先生から指示されたような思いで引き受けました。

DSC01167.jpg

出席者20数名ですが、長方形のお膳は鍋用コンロが点々と置かれ、これを囲んで席前に並べられている料理は隙間無し。境界問題で国際紛争が起こりかねない有様。しかし食事のお膳はこうでなければ平和は得られないから不思議なものです。
旅館から出される料理は、品数は多すぎて不明。皿数で数えれば約15点他に浜鍋、デザートとなり満腹度は満点です。
これに適当にアルコール類が吸収されるのですから当然言うこと無しと答えが出てきます。旅館ではホテル方式に料理の皿を配りますからより一層満足度を満たして行きます。生ものを取り扱いする上で効果的配膳なのでしょう。

DSC01172.jpg

食材は生ものが主で時には普段全て口にしない食べ物が提供される。そしてこれを煮て、焼いて、生で食べることでこの魅力が倍増され、翌年の新年会には又行ってみようかとなるのでしょうね。
又ビンゴという競馬の遊びも大人の楽しみにピッタリですね。それにしても女子職員の皆さんがいろいろお世話をされ楽しく時間を過ごすことが出来るのはやはり最大限の魅力なのかも知れませんね。
欲を言えば一度木田敏斌さんの来岩時に一目お会いすることが出来れば楽しいものになるのではとも思いました。時に忘年会になるのかも?(Y.Y)

DSC01182.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析