第13回北海道立美術館ボランティア交流会

6月 案内文書発送の予定
 4月21日、第7回岩内大会検討会。
群暉部長の杉山さんも加わり5名に拡大した。
今回は
1.当日プログラム
2.共通課題
3.案内文書内容
4.全体会会場
の設営等が議題だ。
この交流会開催に当たり20名そこそこで
運営するためにはどうするのか、
当初雲をつかむようなものだった。
従来の大都市型の運営はできないことは
目に見えていた。
私たちの手探りが続いた。
原案を作ってはこわす。
また作ってはこわす。
企画力の貧困もあるがそんな連続だった。
大風呂敷が次第にコンパクトになり
ポプラの実力にマッチした計画が固まってきた。
特色をいくつか挙げるとまず分科会の取りやめ、
各グループ共通の問題点にしぼり全体で協議する、
学芸員の岡部さんによる(記念)講演、
ミュージアムロード西村さんと小川原さん
両美術館のサポーターのスピーチ等がある。
これからやることは参加者の集約、
各グループから報告される部活動の
集約そして要綱の作成だ。
手渡し資料類の準備もある。
20名の作業分担に当日の係分担もある。
大変だがみんなでやればこわくない。
そんな気持ちで手抜かりなく準備を進めていくつもりだ。
(O.Y)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析