FC2ブログ

Volunteer Diary

2019/1/10
久方ぶりに木田金次郎と若い「生れ出づる悩み」展出展の作家さんたちの絵をじっくり見た。
木田さんの絵は大きいものが多く充実した空間を作り出していた。本当に「お帰りなさい」という感じだった。プラニスホールで見たときよりもなじんで見えるのはひいき目かな。照明の感じとか内装とか、見慣れているからそう感じるのだろうか。
でもやっぱり木田さんの絵はいい。それに呼応して若い作家さんたちの絵の切り口も様々でよかった。
いつの時代も自分とは何か、何をどう表現できるのかと悩む過程は共通だと思う。
館内はいつもよりお客様が結構いらしていて、皆様熱心に鑑賞なさっていた。(S.S)

2019/1/25
今年初日誌です。ホワイトアウトをくぐり抜けようやく小樽から戻ったら玄関前に屋根からどっさりと…。ちょっとため息の出た昨日でした。
開催中の『生れ出づる悩み』出版100年記念展示は、大きな府中市美術館に合わせて企画された展示。
ギュウギュウ詰めの感はありますが、盛りだくさんのまたとないチャンスかなと…。
2度3度足を運んで下されれば幸いです。(S.Mi)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析