FC2ブログ

「どこかに岩内を感じさせる静寂な風景」 松原 明季美 個展に寄せて

岩内高校卒業の松原 明季美(札幌大谷大学4年生)が2月23日(土)~3月10日(日)木田金次郎美術館で個展を開く。
若い絵描きを育てようとする木田金次郎美術館の支援があっての個展開催である。

松原は、岩内高校入学後、美術部に入部、油彩画を始める。
1作目は岩内の漁港風景を描いたのを覚えている。
松原は、寡黙で、コツコツと時間をかけて描き続ける学生で、めきめきと上達した。高校3年間、高文連、学生美術全道展、道展U-21等で数々の受賞を続けた。派手さはないが対象を誠実に描く姿勢が作品にあらわれ、見る人を引き付けるのであろうと思う。

高校卒業後は、札幌大谷大学で研鑽を続け、1年生から道展に連続入選、2年生では新人賞、4年生では佳作賞を受賞。道展でも注目されている。大学で描く作品テーマも「忘れられた風景」「どこかに岩内を感じさせる静寂な風景」であった。そこで生活した人々の歴史や匂いが感じられるのが、松原作品の魅力である。

個展には小品から大作まで約20点が並ぶ。岩内出身の若い画家が、苦悩しながら描いた作品が岩内の木田金次郎美術館に並ぶ。すばらしいことだと思う。作品のどこかに「岩内」を感じてほしい。
「松原 明季美 個展」楽しみであるとともに、これからも若き画家・松原 明季美を心から応援したい。
(元・岩内高校美術部顧問・福田好孝)


20190203135835.jpg

❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤
       松原明季美展
2019年2月23日(土)~3月10日(日)
木田金次郎美術館 展示室4 観覧無料
❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤*❤
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析