FC2ブログ

アーバンギャラリーでの「木田金次郎展」

札幌市中央区に萬田記念財団が開設した「アーバンギャラリー」が在る。
2018年6月1日より10月31日までこの会場で「木田金次郎展」が開催された。

20181207130741.jpg

訪ねて見ると木田金次郎の作品、雪の茂岩、魚、灯台、岩内港風景、海岸の岩、花(百合)、林檎の図の7作品と他に藤田嗣司、三岸好太郎、今田敬一、小谷博貞、難波田龍起の5作品が展示されていた。いずれも萬田記念財団のコレクションと聴いていたが、それぞれに完成度の高い作品が並んでいた。

今回会場に展示された木田作品の中でも「雪の茂岩」は1962年12月に脳出血で旅立った木田金次郎が前年の1961年に描いた最晩年の作品でひときわ存在感を示していた。この作品は岩内町の木田金次郎美術館所蔵の「春のモイワ」、札幌市の道立近代美術館所蔵の「秋のモイワ」と共に茂岩3部作の冬の作品である。厳しい冬の泊村盃海岸茂岩にある雪を纏った弁天岩を模写したこの作品は、後年木田文子夫人が同人誌「燐光(リンコウ)」のVOL.6に「木田はモイワに託して己自身を描いている」とその出来栄えを記し、文章に綴った木田の代表作である。

木田金次郎は断崖や波、岩や山など身近な故郷の自然や港の風景、薔薇や林檎などを画題に終生ひとつのモチーフを徹底して追求する制作姿勢で数多くの連作を重ねた画家である。今回のアーバンギャラリーの展示作品にも幾度も現場に足を運び、本質に迫り、筆を加え、得心がゆくまで描き続けた木田金次郎の画業が垣間見えた思いで会場を後にした。(M.T)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析