FC2ブログ

2018美術講座終わる

年4回5月から奇数月の第2土曜日は、木田美術館恒例の講座が開催されている。
11月10日は今年度最後の講座なので終講式も行われ4回出席した8名に修了証書と記念品が渡された。

今回の講座は、“出版100年有島武郎「生れ出づる悩み」”の巡回展について説明があり、7月21日(土)から府中市美術館、10月13日(土)から札幌JRタワープラニスホール、11月23日(金祝)からニセコの有島記念館、そして最後は2019年1月12日(土)から3月31日(日)までの木田美術館での開催となる。

DSC00857.jpg

内容は有島記念館から殆どの資料、木田美術館からは木田の作品60点と、近代美術館と北海道銀行からの木田の作品20点合わせて80点が展示されたのである。
また展示室4で開催された平成の「生れ出づる悩み」の若い人の作品や、岩内出身のはり絵画家藤倉英幸氏の作品も展示されたという。これを聞いただけでも如何に展示スペースが広いか想像できる。

DSC00834.jpg

木田美術館も作品の展示が必要なので、収蔵庫は写真で拝見したのだが、中はがらがら、広い空間に残された作品がちょっと可哀想に見えた。ついこの次は展示してもらえるからねと心の中で呟いた。
岡部学芸員はこの計画が決まってからのエピソードを楽しそうに話してくださった。絵の運搬の難しさ、関わった方々との不思議な巡り合わせ、大きな都市での展覧会の効用などなど。例のごとく時間は大幅にオーバーし、まだ話足りない様子ではあったが、ここは押して終了し美術館の企画展の説明のため展示室1へ。
最後はティラウンジで瀧澤館長のご厚意でコーヒータイム。無事今年の講座も終わった。(T.T)

DSC00845.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析