FC2ブログ

プラニスホールにて

 札幌のプラニスホールでの木田金次郎、有島武郎展を見に行った。
会場は余り広くなくその中に有島武郎関連の手紙などの資料、木田金次郎の作品と「生れ出づる悩み」展の若い作家の作品とが並んでいた。東京の府中美術館展より少ない点数だということだった。木田金次郎と若い作家たちの違いがおもしろく「生れ出づる悩み」というテーマの設定がとても良かった。

IMG_0062.jpg

2人のお客様に感想等を聞かせてもらった。
1人は30歳代の男の方で、新刊本の「生れ出づる悩み」を読んで見に来たそうで初期の印象派的な作品はわかりやすいが、後半の抽象的な絵はよくわからないと話していた。
60歳代の女の方は教科書に「生れ出づる悩み」の文が載っていたので木田金次郎を知っていた。岩内町の木田美術館も数回来ていたということだった。この展示会を知ったのはさっぽろ自由学校「遊」のインスタグラムだそうで、宣伝方法をもう少し工夫した方がいいのではないかといわれた。(S.S)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析