FC2ブログ

―「木田金次郎展」府中市美術館への道中記―

『有島武郎「生れ出づる悩み」出版100年記念・青春の苦悩と孤独を歓喜にかえた画家達「木田金次郎展」』と云う大変長いタイトルの展覧会が東京の府中市美術館で始まりました。

20180911152546.jpg


今回39年振りに7月21日から東京での木田金次郎展開催と云う事で、瀧澤館長に岩内美振協のメンバーを加えた私達4名は開会日翌日に府中市美術館へ向かいました。
7月22日朝、千歳空港は折からの観光シーズンで大勢の乗客で大変混雑し、10時30分発のANA56便は30分遅れの出発となりました。府中市美術館にはすでに展示作業の監修等の開催準備のため、7月18日から岡部学芸員が出張し、展覧会初日の7月21日には木田金次郎の画業や人物像を中心にギャラリートークを行なっておりました。
これらの仕事が終わった岡部学芸員は7月22日に羽田から千歳へJAL便で帰路につきましたので、府中に向かっていた私達とはどこかですれ違った事になります。


岩内を早朝6時30分にS君の車で千歳空港に向け出発した私達は、羽田空港に到着したらとりあえず食事をして府中市へ向かう予定でしたが、飛行機の遅れとリムジンバスの出発時刻の関係でただちに羽田空港から調布市行きのバスに乗りました。調布市からはタクシーで午後2時30分過ぎに府中の森公園にある美術館に到着しました。岩内町から8時間の道のりでした。

DSCN4787.jpg


府中市美術館では志賀学芸係長にご挨拶し、エスカレーターで二階の展示室に移動しました。
そこには以前木田美術館で講演いただき、東大での研究生活の後、広範囲の領域で執筆活動をされている本田成親先生、2012年志賀学芸係長と木田美術館に来られた府中市地域美術のリーダー吉田裕子さん、木田美術館の演奏会やピアニスト西村由紀江さんのコンサートプロデュースなどで岩内に幾度も足を運ばれたおなじみの地域史研究者斎藤弘美さんなど旧知の皆さまがお揃いでした。
私達はそれらの皆さまに久し振りに再会したご挨拶をし、今回の展覧会にも何かとご尽力頂いたお礼を申し上げ歓談の輪が広がりました。


その後展覧会場を時間をかけて一巡し、午後5時美術館の閉館時間となりました。
コーヒーブレークの後5時半頃本田先生と志賀学芸係長の車でJR中央線小金井駅まで送っていただき、電車で宿泊するホテルへ向かいました。ホテル到着後近くのレストランで夜7時半頃より斎藤弘美さんを交えての夕食会となりました。
朝6時30分に岩内町を出発し食事もせず13時間、中味の濃い一日となりました。夕食会39年振りの東京での木田金次郎展の話題で会話も弾み、ビールがひときわ美味しいひとときでした。(M.T)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析