FC2ブログ

39年振りに東京で、「木田金次郎展」開催される

東京都府中市美術館で7月21日より9月2日までの会期で「青春の苦悩と孤独を歓喜にかえた画家達・木田金次郎展」が開催されました。
1918年3月有島武郎が発表した新聞連載小説「生れ出づる悩み」は、文中に私として登場する作者の有島武郎と主人公の青年画家木本のモデル木田金次郎との出会いとその後の交流を通じて創作と生活の苦悩をテーマに書き進められた作品で、同年9月改稿、追補し書籍として刊行されました。日々の生活に追われながらも創作へ思いを断ち難く苦悩する青年画家大本と、小説家として創作活動を続ける作者自身の思考や悩みなども反映された物語です。

20180911152546.jpg

「生れ出づる悩み」出版100年を記念として企画された今回の展覧会は有島武郎の文献や資料等52点、木田金次郎の油彩絵画80点、更にこの小説をテーマとした公募展に入選した若手美術家の作品20点、生活と創作の葛藤を云った視点から福井県若狭で炭焼きをしながら絵画制作を続けた渡辺淳の作品13点、その創作活動に深い理解を示した作家水上勉の水墨画2点で構成され“人はなぜ描くのか?”創作の原点を探る展示にもなっておりました。

1962年日本橋高島屋で開催された「木田金次郎新作展」以来39年振りに東京で木田作品80点が展示された今回の展覧会は有島記念館、木田金次郎美術館、そして有島武郎が眠る多摩霊園が在る府中市美術館の三者が協力したプロジェクト実行委員会により開催されました。

DSCN4787.jpg

府中市は教育関係施設も多く、文教関係は勿論のこと芸術文化についての理解と関心が行政や市民レベルでも極めて高い地域です。府中市発行の広報誌「ふちゅう」7月号の一面トップ記事で今回の展覧会が紹介され又、「府中市美術館だより」№48では表紙を木田作品“秋のモイワ”で飾り、2ページにわたり特集記事で展覧会の解説がされておりました。

DSC00439.jpg

展覧会場では小中学生がノートを手に作品鑑賞をして熱心にメモを取っている姿が数多く見受けられ印象的でした。(M.T)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析