FC2ブログ

アンティーク・レース展*松濤美術館 

渋谷区の松濤美術館は、建物自体が見るべき価値があり、長い間行ってみたい場所でした。
 今回は、世界的なアンティークレースのコレクター、ダイアン・クライシス氏の膨大なコレクションの中から16~19世紀のレース全盛期の作品が中心に展示されていました。

20180808134815.jpg

 王侯貴族の富と権力を象徴するレースは、城や宝石をも凌駕すると言われるほど、超絶技巧で作成された芸術品でした。
あまりの繊細さに、このレースを身にまとい動き回れたのか?と疑問に思うほど。現在おなじレースを作れるかと問うと、大変難しく、多くの技術は失われてしまったそうです。レースは、糸の宝石~と呼ばれた理由に納得しました。

 木田美術館では労働着の「どんざ=木綿の刺し子」を慈しみ、木田金次郎の命日を「どんざ忌」と命名し、お土産にボランティア手作りのミニどんざを販売しています。

DSC00512.jpg

 対照的な手仕事の布製品を思い浮かべ、一針ずつ仕上げていく人の思いを感じさせられました。(S.K)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析