FC2ブログ

2018年 初夏のナイトオープン開催

木田美術館の「初夏のナイトオープン」が6月23日(土)に開催されました。
午後6時のスタートで恒例の岡部学芸員による「木田金次郎コレクション再結集」の作品解説がありました。
季節にあわせた展示作品として早春の岩内山を描いた2枚の作品をとりあげました。

DSC00074.jpg

並べて展示されているこの2枚の絵は山の形が少し違っているのは描いた場所が異なっているためで左側の1枚は山の西側に位置する木田自身のアトリエ方向から描いており、視点の違いが作品に反映されている事などを話し、木田金次郎は戸外で風景画を、冬はアトリエで静物画の制作に取り組んでいたと解説して、その後展示室を移動し解説が続きました。

又、今春展示室の照明機材がハロゲンランプからLEDに更新された事や7月17日放映の「なんでも鑑定団」の番組に木田作品が登場する事、今年は有島武郎の小説「生れ出づる悩み」が出版されて100年を迎えましたので、これを記念し7月21日から9月2日まで東京都府中市美術館で特別展が開催され、木田美術館から木田作品が60点余り貸し出されて東京で展示される事、7
月29日には木田美術館を会場に著名な脳科学者で作家としても知られている茂木健一郎さんの講演会「茂木健一郎と歩く木田金次郎の世界」が開催され、東京の品川フィルハーモニー・アンサンブルによる「木田金次郎記念公演」のタイトルで演奏会が行われる事が今後の予定催事として報告されました。

今回のナイトオープンは55名の参加者があり、展示室での作品鑑賞や作品解説などを終えた後は大勢の参加者が一階のラウンジやロビーホールに席を移し、和やかに語らい楽しく賑やかに歓談の時を過ごしました。(M.T)

DSC00100.jpg


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析