FC2ブログ

ブリヂストン美術館展鑑賞

ブリヂストン美術館展が4月21日(土)から6月24日(日)まで北海道立近代美術館と三岸好太郎美術館の2会場で開催されている。
ブリヂストン美術館の建て替えを機に同館が所蔵している19世紀から20世紀前半にかけての西洋近代絵画を近代美術館で、そして明治から大正、昭和初期にかけての日本近代洋画を三岸好太郎美術館で名品あわせて84点が出品されている。ただし、重要文化財の藤島武二と青木繁の作品4点は近代美術館の展示となっている。

20180527115538.jpg

木田金次郎美術館ボランティア「ポプラの会」の今年度の日帰り研修はこの展覧会の鑑賞ということになった。
5月22日(火)午前8時に木田美術館を出発、参加申込みは15名である。近代美術館には10時過ぎに到着、団体チケットの配布後は自由行動となり帰りの時間が午後2時半なので昼食と2館の鑑賞には充分であった。

IMG_5169.jpg

入館者は平日で比較的少なかったので小柄な私にとってはゆったり鑑賞することが出来た。さっそく全体を見て歩き気になる絵をチェック、戻りながらその作品を鑑賞した。
木田美術館の絵画教室の講師、福田先生が若い時何度も見たという青木繁の「海の幸」は圧巻、じっくり見るとあることに気がついた。絵の中でところどころに黒い線がある。私はいつも下絵を書く時16分割するのだが、それに似たような線だと思った。「えっ?」と思い、そういえば画家はその作品にそっと遊びを入れると聞いたことがある。まさかそんな簡単に解るなんてことはないだろうと絵の前であれこれ自問自答していた。

昼食後三岸館へ移り、そこでは藤田嗣治の絵を見た。白色が素晴らしいのと猫が私のお気に入りなのだ。
そして久しぶりに三岸好太郎の絵を鑑賞、その後何人かで喫茶室でコーヒータイムとなった。まだ充分時間があったので近美に戻り、ルノアールの「すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢」のカメラスポットで写真を撮り、クリアファイルの買い物をした。

IMG_5184.jpg

バスは全員が揃ったので時間前に出発、仁木町のきのこ王国でトイレタイム30分あったので直売場で野菜を買い帰路についた。木田美術館には午後5時前に到着、無事研修を終えることが出来た。(T.T)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析