FC2ブログ

平成30年度美術館講座始まる

木田美術館では、岩内出身のイラストレーター藤倉英幸さんの「はり絵でたどる北海道」が展示室4で5月27日(日)まで開催していた。
今年度の美術館講座第1回目は、5月12日(土)午後1時より参加者30名程で藤倉さんとともに講座が始まった。
最初に岡部学芸員が藤倉さんのプロフィールを紹介、質問して答えるという形式で、子供の頃から絵を描くのが好きだったことや高校時代にはすでに絵だけでは生活出来ないだろうと独学でグラフィックやイラストを勉強したことなどを話された。

DSC09874.jpg

次に展示室1に移り、木田金次郎について影響受けたことや大火の前にすでに描き方が変化していたこと、そのリズムは音楽でいえば「ロック調」だと言い、さしずめ自分は「叙情演歌」かな? とのことである。
二階の木田のアトリエを再現した場所では、まだ新しいキャンバスや絵の具があると聞き、まだまだ創作意欲があったのだと頷いていた。

DSC09885.jpg

続いて展示室4に移りご自身の作品の前では受講生の質問に丁寧に答えられた。
私は今回の原稿を担当するに当たり、講座が始まる前に作品の説明文を一枚一枚丁寧に読んだ。
何回か見ていてその時は感じなかったのだが、ふるさとの何とも言えない懐かしさが込み上げてきた。熱烈なフアンもいると聞いていたので、なるほどと思った。
作品の中で特に気になったのが「雪の赤レンガ」だ。その時こんな質問が出た。この作品の構図が他のと違うがという事に藤倉さんは、この作品はたまたま行った隣の郵便局の階上から撮ったものだとのこと。私が心惹かれたのは自分が雪の精に成って空から赤レンガの屋根にふんわりと降り立ったような感じがしていたからだ。

DSC09889.jpg

最初は昔あそびの文に大人の絵本のようなものを作りたいと言うことで切り絵で表現した。その後いろいろな作品を作るうちにはり絵に変わったとのことである。そしてはり絵の技法の話になったのだが、色洋紙のピースが多い時は2,3点を一緒に作るので500枚ぐらいになるという。
取材も各地に出向くので、バイクから自転車になり、今は体力もなくなり交通機関を使っているとのこと。
最後にこんな質問をしてみた。教室を開くとか弟子をとるとかはないんですか? 即座に「ありません!」しかしこれからも求められれば続けて行きたいとのことだった。(T.T)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析