帰厚院カレーの日が楽しい

 毎月第2月曜日午後5時から7時まで、高台の帰厚院でカレーを出してくれるというので、見に行ってきた。
玄関を入って左側に大きな部屋があり、6人がすわれる座卓が11個おいてあった。そこに5時少し前から次々と大人とこどもたちが集まってくる。
台所でカレーを作って運んでくる婦人部の方に話しを伺った。2つの大鍋で80人分から100人分をめどにしているそうで、米や野菜のほとんどは檀家の方たちが寄付してくださる。その日はたこの献品があり、たこカレーになったそうだ。婦人部は毎回10人が1時から集まり奉仕している。

DSCN0596.jpg

 5時半くらいには若いお母さんが小さい子どもを連れて続々と集まってくる。
学校や幼稚園、保育所以外ではあまり観られないたくさんの子どもたちが押し寄せ、廊下や広間で遊んだり、おしゃべりしたりみていて楽しくなる光景だった。

DSCN0599.jpg

成田住職に話しをしてもらった。
「2年前から始めて5月で24回ほどになる。檀家の方たちが高齢で一人で食事をしている事を聞いて始めた。食材の不足分や紙コップなどは「ともいき財団」から補助を受けている。年配の方は檀家の方たちが多いが一般の方も来ている。高齢の女性の方たちには送迎もしている。親子連れは檀家ではなく、小学生以下の子どもたちで遊びに来るのが楽しくて来ている。昔は長屋暮らしで、子どもがいつもたくさん集まって遊んでいた。その時の思い出があり、みんなで集まってご飯を食べられたらと思った。この子どもたちが中学生や高校生になっても来てくれたら嬉しい。100回までは続けたい。」

DSCN0598.jpg

 1人のお母さんに聞くと「幼稚園から小学生に進むと、以前の友達と会えなくなるがここだとみんなと会えて遊べるので楽しく過ごせる」とのことだった。

 檀家の協力の下、お寺の行事として一般に解放されて集える場があるのは、とても楽しい事で、この関係の中で子どもたちがのびのびと育ってゆけるのは、素晴らしいと思った。(S,S)

DSCN0597.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析