FC2ブログ

この冬も -自助努力による「冬期開館」大いなる成果を上げて終了いたしました。-

三寒四温で一歩一歩春が近づいてきました。
NPO法人岩内美術振興協会が自助努力で
昨年12月より始めました二年目の冬期開館も、
無事終わろうとしております。

この間、展示では木田の生活圏を舞台とした作品群に、
郷土資料を加えた「郷土の中の木田金次郎」展が
(11/6~3/29)地元ファンを中心に、
大勢の皆さんから好評をいただきました。

「第14回ふるさとこども美術展」(2/7~2/22)には、
広く後志管内各校より過去最高の952点の
応募作品が集まりました。
2月7日の表彰式には、入賞児童、生徒に加え、
父兄、家族、友人、先生など会場に入り切れない程の
人の波でうまりました。

岩内高校美術部OB有志による
「仲間たち展」(3/10~3/15)は、
14人、24作品が並びました。
近年岩高美術部からの多くの有能な才能が
次々と育って、その活躍振りは
全道の学生美術界で注目を集めております。

このほか、年頭初めの計画になかった
特別企画展
“「生れ出ずる悩み」の世界~瀧下尚久挿絵展”
も12月に開催され、恒例の第14回どんざ忌では、
瀧下氏と美振協・瀧澤理事長との対談も実現しました。

12月24日、「洗っていいとも!」2009年カレンダー作りの
ワークショップが小学生を中心に17名が
参加して実施されました。
1月7日には岩高美術部員によるワークショップ
「みんなでつくろう、カラフルキャンドル」が行われました。

催事として「第14回どんざ忌」や
「ナイトオープン」も町民の方々をはじめ
地域の皆さまが大勢参加し、
いずれも盛況の内に終了しました。

NPO美振協による冬期開館は、
“美術館は地域と共に”の基本理念を
大切にした事業展開でした。
絵心を育て、才能を引き出し、発展させ、明日を目指す。
「みんなで創る美術館」は
多くの人々の善意と情熱によって、
この冬も大いなる成果を上げる事が出来ました。
ご協力、ご参加いただきました皆さまに心より御礼申し上げます。
M.T
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析