FC2ブログ

ポプラの会20周年特集~20年を振り返って~

NO.6 『おもてなしはピリッとからく そしてほんのり甘く』

 平成21年8月30日(日)第13回北海道立美術館ボランティア交流会の日。岩内で本当にやれるのか、たぶんそんな不安を抱きながらも全道から90名が参集する。
 
12時、私たちは木田美術館に集合。
「今日はあなたが主役」の会長挨拶のあと持ち場へGO。
12時半頃から次々と来館、4名の受付は名簿をにらめながらの対応。展示室は7名が監視役、私は展示室3だった。
「この絶筆のバラ、いいねぇ。」「こっちの牡丹もすてきよ。」「楽しみにしてきたのですよ。美術館二つも見れるもの。」つぶやきが期待の大きさを物語る。
2時、参加者の移動開始。行き先は荒井記念美術館。分刻みの輸送プランは、高原ホテル送迎バスの早めの配車と、各グループの協力のおかげでかなり余裕を持って荒井記念美術館内の全体会会場に移動完了した。
2時50分、進行の水戸さんの開会宣言。
会長挨拶は「おもてなしはピリッと辛く ほんのり甘く」、次が瀧澤館長から歓迎の言葉。
3時、学芸員の岡部さんの講演「木田金次郎美術館15年のあゆみ」、15年間の足跡を学芸員の目を通して要領よく話していただいた。

 さあ、全体協議。役員会でも協議方式でずいぶん揉めたところ。議題は事前から各グループにお願いし共通性の高いものに絞った。提案者は各グループ1名、だから6名がステージ上で主に発言する。一般席からの補足発言はマイクをまわし対応する。司会は副会長の森井さん。見事な采配で会場の一体感を高めた。
4時40分、協議終了後参加者はピカソ観賞後、隣接の懇談会場へ急ぐ。
5時10分、眼下に岩内湾が一望できる会場で森井副会長から開会挨拶。
表教育長の乾杯。大皿には料理長が地元特産の食材をふんだんに使った料理の数々、デザートはスイカにメロン。もう、みんな大満足。
恒例のスピーチも5分厳守が徹底され、内容もそのグループの特色がにじみ出るものだった。
初参加の西村美術館フルールと小川原美術館友の会のお話に会場中が耳をそばだてた。締めは前館長で現在はボランティアでもある前田さんの挨拶と乾杯でお開きとなった。
7時散会。出口で皆さんと再会を約束しお送りした。(O.Y)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析