FC2ブログ

見応えのある似鳥美術館

 昨年秋と今回と小樽芸術村を鑑賞してきた。
その中の似鳥美術館は地上4階地下1階建てで4階から3階に日本画、洋画等約110点ほど展示されている。
小樽芸術村のコンセプトは、小樽が最も栄えた19世紀後半から20世紀初頭を中心とした近代芸術の作品を集めていることだ。

 4階には日本画を展示している。入って左側には上村松園のはんなりした美人画、そして川端龍子の「長春花」の白薔薇が目を引く。下地の色を残して白薔薇の立体感を見事に表現している。地面は描かれてはいないが、根元の逞しさから肥沃な土の匂いが漂ってくるようだ。
川合玉堂の「緑陰水車」や「雪霽(せっさい)」は働いている人たちの生き生きとした様子が伝わってくる。季節感があり画面構成も実に巧みだ。

 3階入って右手には山下清の貼り絵とペン画が並ぶ。桜島を描いたものが3点ある。近景の瓦の線は紙をねじったりして工夫している。「浅草寺の年の暮れ」は屋根の上を切り空を入れずに、手前の人々のざわめきが聞こえてきそうな躍動感がある。
正面一番奥には岸田劉生の「静物(リーチの茶碗と果物)」が暗めの照明に浮かび上がっている。形をわざとゆがませて質感はしっかりと描いている。劉生の不思議さは言葉にしようがない。
今回新しく購入した「2人のセイレーン」は、ルノアールの晩年の、形と色の豊かさをよく伝えている。
左側にある梅原龍三郎の絵はとても力強く生命力を感じる。

 小樽というすぐ近くにこのような名作を見られる美術館があるのは、つくづく幸せだと思った。
これからも時間をかけてゆっくりとそれぞれの作家と対峙していきたい。(S.S)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析