ムードいっぱい五十一(いそいち)コンサート

8月4日(金)夜7時からカフェアンジェラで五十一(いそいち)のライブがありました。
枝元治療院の枝元先生が企画したもので、10名のお客様が集まり、電気の照明を落として、ろうそくの灯りとスポットライトで大人の夜の雰囲気でした。
カフェ担当の川村由樹子さんのオープンサンドとノンアルコールのもてなしがテーブルを飾り、見た目にも美しかったです。

五十一さんは大阪の出身で、4本のギターと音響システムを車に積み込み、全国をツアーで回っているそうです。
歌はアメリカのカントリーソングやブルースで、貧しい労働者の歌が多かったです。アメリカを支えてきたのは様々な国から移住してきた人達とで、みんな厳しい生活を耐えてきたことがよくわかりました。

五十一さんのハスキーで太いそして悲しみのこもった歌声が心にしみました。
右の小指に金属製のキャップをはめて弦の上をスライドさせるギターの弾き方は、ハワイのウクレレから派生したそうです。昔はバーボンウイスキーの瓶の首を使っていたそうです。ギターの弦のある所のパーツも金属製のカバーがかかっていて変わった物でした。

とても心に迫るライブでした。(S.S)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析