FC2ブログ

ポプラの会20周年特集①~当時を振り返って~

NO.1 『ポプラの会創立前後』

 木田美のボランティアは、平成6年11月3日のオープン少し前に募られ、活動は始まっていました。
当初は、個人美術館ブームも有り、来館者は絶え間なく、ボランティアは主に監視に携わるのが役割でした。
会員数は30人を超えていたことも。

 当時の学芸員久米さんは、「ボランティアのマナー書」なるものをイラスト入りで制作してくれ、私達はそれに従い、イスに座るポーズ・お客様への応対などを意識しました。
美術史講座も自分でテキストを編み、3回程夜の時間帯で実施してくれました。一番最初に「自分たちの事は自分たちで…」と聞いたのも久米さんからだったと記憶しています。
しかしその活動の大部分は受け身の状態で、これといった意志を持たず2年余りが経過しました。

 この辺りから、もっと自主的に運営してやっていこうという高まり生じ、平成9年4月、「ポプラの会」として、組織化されたボランティアグループが誕生しました。
会長を主軸に、副会長、書記、会計、そして各部の活動。

 20年前、このように現在の礎が築かれ改良を加えながら、今の体制が整いました。
ポプラの会は会員皆の地道な積み重ね、熱意でこれまで継続されてきたのです。(S.Mi)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析