民謡の魅力たっぷり 公開録画盛り上がる

 
 完成度たか~い!!思わずうなる。
文化センター満席の皆さんも見事な唄と踊りに惹き込まれ拍手にも力が入る。客席のあちこちから声援しきりで舞台との一体感がいやが上にも高まる。
民謡の奥深さを再認識した一夜だった。
 
 5月28日6:30~NHK[民謡魂ふるさとの唄]公開録画。

DSCN1256.jpg

町内外からの民謡フアンが押し寄せ大ホールも立錐の余地なし。
定刻開演。司会は塩屋アナとTOKIOの城島茂。
演目が心憎い。鰊に象徴される漁業と共に生きてきたここ岩内衆のたくましさが巧みに構成された唄と踊りに華やかさとあふれる躍動感で舞台狭しと繰り広げられる。

 2番「北海盆唄」は盆踊りの定番でおなじみだ。
3番「江差追分」は絶品。“忍路高島およびもないが・・・”出だしだけでも鳥肌が立つ思い。鍛え抜かれた美声。高く低く絶妙な節回しはさすがチャンピオン聞きほれる。
7番ドンパン節はドンドンパンパン部分を会場の皆さんも参加という趣向で4回上手にでき大いに盛り上がる。
10番ソーラン節は北海道代表格、歌手全員で歌い締めくくる。

 プロの中頃に「ふるさとコーナー」がある。
テーマは「生きていくため漁に出る」これは岩内の鰊漁の盛衰と助宗漁に再起をかけた漁師魂を民謡3曲と踊り、さらに要所要所にせりふを入れドラマ仕立てで見応え十分。
特に漁師の親方を演じた俳優の三上さんの演技は豪胆、果断そのもので迫真的だった。
8番「鰊場作業唄」は神恵内の沖揚げ音頭保存会の面々が出演、そろいの法被をまといヨースコイと声を揃え網を起こす。唄は会長の五十嵐さん。師匠だけにいい声で大喝采。

 その直後だ。向かって左側に天井からスルスルとパネルのようなものが下りてきた。
見るとそれに絵が、木田の絵が大きく描かれている。
「夏の岩内港」だ。全く意表外。
岩内は漁業で栄えその財で文化、芸術面につぎ込み漁師町としては。
漁師が絵を描き、飾りそして語る、そんな街。
ここで木田金次郎が育ち有島の教えでふるさとを終生描き続け北海道を代表する画家となったとアナの解説。
右側に下がった「羊蹄」のパネル2枚もあり9番「蝦夷富士の唄」が館内に響き渡る。
木田の全国発信が組み込まれ感謝。

 閉演後のアトラクションがリラックスさせる。
「道南くどき」「新相馬節」「津軽じょんがら」の3曲。
三味線の音色また格別。
民謡の醍醐味を堪能したひと時だった。(O.Y)

NHK 民謡魂―ふるさとの唄―
放送予定
 平成29年6月25日(日)
午後3時5分~3時49分
NHKG
※放送予定は変更になる場合があります。
20170602145146.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析