ゴッホ展と旅の思い出

この夏8月26日より10月15日まで道立近代美術館で開館40周年を記念し「ゴッホ展・巡りゆく日本の夢」を開催するとの新聞広告を目にした。
新聞ではゴッホの絵画は愛好者が多く同館で2002年に開催した「ゴッホ展・Vincent&Theo Van Gogh」では28万人の入館者があり、道内最多を記録したと報じていた。

20170509103634.jpg

偶然だが2002年4月、この展覧会の3か月前私はゴッホが多くの傑作を描いたフランスのプロバンス地方にゴッホの足跡を訪ねていた事を思い出した。
ゴッホがアルルで描いた花瓶の「ひまわり」の作品は焼失した分も含め7点といわれているが、エクサンプロバンスで宿泊したホテル・フルマランのロビーで絵と同じような美事なひまわりの花を目にした。
高さ60㎝前後の大きなひまわりの切り花が縦長のガラスの花瓶に7~8本まとめて飾られていた。

翌日はゴッホが「跳橋」を描いた場所へ足を運んだ。
ゴッホの作品では跳橋の上には馬車が、そして川岸の土手には数人の洗濯女が描かれているが目前の跳橋は後年復元された橋でコンクリート製の護岸に架設され、洗濯が出来るようなのどかな空気はなかった。
穏やかに流れる川面を見ながら時の流れとゴッホがアルルのこの地で絵筆を手にした1888年当時からの世の移りかわりを実感した。

私が好きな作品のひとつにゴッホが初めて星空を描いたといわれている「夜のカフェテラス」があります。
夜のとばりで青色に染まった星空や広場の石畳、そしてカフェテラスをガス燈の黄色い光が明るく照らすこの作品は色彩のコントラストが魅力的な作品です。
私がここでランチを取ったのはお昼過ぎでした。
ラオルム広場に面したカフェの黄色の外壁には大きくCAFÉ VAN GOGHと書かれ高く明るいアルルの青空から輝く南仏の太陽の光がふりそそいでおりました。
以前から気にかかっていたカフェの建物の中は一階ホールの左手にバーカウンター、右手に二階への大きな階段、一階ホールのテーブル席の上部空面は吹き抜けで太く長い荒削りの粱が天井を支え、中二階の椅子席がバーカウンター上部の空面に設けられておりました。

その後アルルから20㎞余り先のサン・レミに向いゴッホが独特の力強いタッチでうねるように天をめざす糸杉やポプラを描いた郊外の樹々を目にしながらサン・ポール・ド・モルゾ精神療養所を訪ねました。
その中庭回廊花壇のそばにたたずみ、ゴーギャンとの破局から片耳下部をそぎ落とし、やがて終焉への道をたどり始めたファン・ゴッホの生涯に思いを馳せた南仏の旅でした。(M.T)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析