NPO法人アンジェラを立ち上げて

昨年11月に設立総会をやり、障害者の雇用施設として岩内町万代12番11、ギンザ通り 木高デンキ店右隣りを購入しました。
今年の1月から古店舗を改築するために多くのボランティアさんに雪の中、古家具や畳などのゴミ投げをしてもらったのを皮切りに、天井外し壁壊し、くぎ抜きと続きました。そして恐怖の漆喰塗やペンキ塗りもたくさんの方々に手伝ってもらい何とか手作り感満載になりました。
DSCN0490.jpg
 
 電気工事は帯広の西島さんがボランティアで2週間かけて仕上げてくれました。
中村建設さんに1階を菊地さんに2階を担当してもらい、畳下の古材や、窓の雪止めの真っ黒な木を職員の清川さんと2人でけづって磨いて、1階の腰壁にしてもらいました。
元住人の綿谷さんに店舗の床を柿渋で塗ってもらい、とてもレトロな空間になりました。厨房は、私が悪戦苦闘してタイルを張っているのを見かねて、山本左官工業の職人さんが手伝ってくれました。
角のタイル切りも全部ボランティアでしてくださいました。聞くと職人さんのタイル切りは2,3万円するそうで 数千円の刃とは違うことがわかり納得しました。 

DSCN0488.jpg

大和の細田板金は、屋根を直しつつ、モルタルの壁のひび割れをご厚意で直してくれました。奥さん曰く、「窓周りをやるのでついでにやっただけだよ 」とのありがたいお言葉でした。
谷口住設は、さりげなく新しめの中古品を組み合わせて、大変お安く水回りを完成してくれました。長男の孝一さんのリーダーシップが見事でした。
中村建設の大工さんたちは、古いスタイロフォームを有効利用してくれ、2階のプレイルームの天井がとても暖かいものとなりました。

DSCN0486.jpg
 
 たくさんの人たちのご協力により、アンジェラの建物が5月初めに出来上がりました。
4月6日にはミニ開所式をやりました。
そして5月3日にはギンザ通りの「手作り市」に合わせてカフェを見てもらいました。札幌から来たお客さんが、木と漆喰の内装を「うちと同じだわ」と喜んでくれました。
これから6月のカフェオープンに向けて、役員の川村さんが試食制作に取り組んでいます。
まだ利用者さんが少ないので軽作業のできる方を募集しています。
内容は、古新聞と古紙回収、木工品の紙やすりがけ、切り絵、縫い物や編み物と盛りだくさんです。
連絡先:080-4049-8303 佐藤聖子まで。気軽に遊びに来てください。

 また、予算が足りなくてクラウドファンディングのキャンプファイアーに登録していますので、プロジェクトを探す、お気に入りの言葉で〔岩内〕と入れてくだされば、アンジェラのサイトが出ますのでご協力よろしくお願いいたします。 (S、S)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析