** 岩内高校美術部卒業作品展 **  2017.3/22 ~3/26

 この春に岩内高校美術部を卒業する3年生10名の絵画作品、約40点が展示されました。
DSC08327.jpg

DSC08303.jpg
 
今回初めてとなる企画でありながら、100号以上の大作も数点並び、様々な公募展で入賞した油絵はとても10代の力量とは思えないほどの迫力で、圧巻の作品ばかりでした。
DSC08329.jpg

 受付にいた谷口進吾君と柿坂茉弥耶さんに、少しお話しを伺いました。

 谷口君は、石、砂利、泥、轍などを画面いっぱいに描きまるで写真のような作品を数点並べています。
スケッチ場所を尋ねると、先生に連れて行ってもらった、共和と岩内の境にある廃材置き場とのこと。
絵を描く人になりたいと話していました。
DSC08315.jpg

 柿坂さんは小さな子供が好きで、動き回る幼子を愛情いっぱいの観察眼で描いています。
将来は安定した仕事に就き、絵画制作を地道に続けて行けたらと希望を聞かせてくれました。
お二人とも、生きることは描くことと、もうわかってしまっているのだなと頼もしく感じました。
DSC08310.jpg

 岩内高校美術部に在籍したこと、福田先生と小倉先生に指導してもらったことにとても感謝している様子に高校時代を好きな美術に打ち込めて、精一杯創作した思い出が羨ましくなるほどでした。

 小さな街の小さな美術館の第四展示室に、若い伸びゆく才能が部屋の隅々まで広がっているようでした。
この場所が彼らの作品展示のスタートにふさわしい場所として、また地元出身者の作品を包み込む場所として、通年開かれていなければならないと強く感じる卒業作品展でした。(S.K)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析