絵画教室展  伝わる 絵を描く楽しさ

 「岩内町絵画教室展―大人の部」が会期3/14~3/20で第4展示室を会場に開催された。
出品数90点。月2回の受講とはとても思えない傑作ぞろいだ。
講師は福田好孝氏。元岩内高校美術部顧問としてよく知られている方。才能を引き出し大きく伸ばす先生。
DSC06782.jpg
 
 作品題材は実に多種多様、受講まだ日浅いのだろうか鉛筆描きのデッサン26点がまず目に入る。
DSC08289_201704081312304d2.jpg

バケツ、びん類、手、猫、こどもなど身近なものや人がていねいに描かれている。
DSC08299.jpg

色が付くと風景が最も多い。
異彩を放つのはダリ張りのシュールリアリズムかと思う現実離れした3点の作品。
DSC08297.jpg

素朴な絵から最先端の絵まで一人一人の力、好みを大事にしていることがわかる。作品題名を追う。・・・


白川郷、初秋の囁き、駒ケ岳、ばら、木漏れ日の道、冬の小樽運河、果物。
DSC08291.jpg

野菜シリーズ、ロウソク岩、大沼とツツジ、安の滝、あのん、ハマナス、紅葉、小樽駅前より、長野小谷栂池紅葉、イタリアベネチアとその潟、木陰、森の小動物、初秋、旧駅舎、樹木、毛越寺庭園泉が池、ストラスブール、DAHLIA、転華、罰、・・・
DSC08292.jpg

DSC08294.jpg

 実物の写生もあるが写真や絵ハガキから題材を選ぶこともある。
そのままでなくイメージをふくらませオリジナルな絵を描き上げる。
絵の具は水彩が主だが一部油絵も。

 現在は文化センターだが以前の高校会場当時からの長いお付き合いの方、町内西尾ギャラリーで個展を開いたこともある方など長い画歴があるのに一層の精進をする、この教室の懐の深さが全体の刺激となり励みになっている。

年齢も幅がある。若い方から人生経験十分な方までそれぞれ自分のペースで楽しんでいる。それと入門間もない人、上達途上の人、自分なりに完成の域に近い人が違和感なく作品を並べたことにこの教室の大きな魅力を感ずる。

更に私が存じ上げている高橋さんご夫婦、萩原さんご夫婦のようにお二人で教室に通っているのもいい雰囲気だ。ともに創作に励み、語り合うなんてこれからの高齢社会の一つの生き方を示唆するようだ。美に関心を失ったら人間おしまいなんだから。(O.Y)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析