* 2017 * 冬のナイトオープン

 新しい年を迎えたばかりと思っていたら、はや二月・・・
2/18の厳冬期、アイスキャンドルに輝く美術館のアプローチをゆっくり進みながら、夜間開館の解説を楽しみに出かけました。
そして、56名の参加者と有意義な時間を過ごしてきました。

DSC08104.jpg

 開催中のテーマは「木田金次郎の本棚」
木田金次郎と本の関わりを3つのコーナーに区切り、作品と関連図書が展示されています。
 
 木田はホイットマンの詩集を携行していたくらいなので、知識欲旺盛で読書好きであったことは想像できますが、木田が装丁した4冊の本が掲示されているのを見て、本に対する愛着や本を作る楽しさを感じました。
油絵を描きながら、美しい単語、響きのよい文章がいつも心をめぐっていたのかなと。

DSC08108.jpg

 本好きの私は、展示されている古い本を手にとって頁を繰ってみたい。
裏表紙や奥付を自分の目で確認してみたいと、いろいろと欲求が湧きました。

 木田は学生時代を東京の開成高校で過ごし、沢山の良書が身近にあったのかもしれず、ふるさとに戻り読書の楽しみを手放さず地方都市でいろいろな出版物を読破していた姿を思い浮かべ、いくども本に救われた機会があっただろうと、我が身に置き換えて感慨深いものがありました。

DSC08115.jpg

 解説がすんで、手作りのご馳走-麻婆豆腐、野菜スープに生ビールなどたしなみながら、珍しくスウェーデンから町内にホームステイ中の女性おふたりを交え、ゆったり歓談した冬の一夜でした。(S.K)

DSC08130.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析