Volunteer Diary

29,1,28
ふるさとこども美術展表彰式。風が強く寒かったけれど雪降らず良かった。
入選者の親子がたくさん見えていた。11時半ごろ終了しました。(S.K)

29,2,2
ふるさとこども美術展を鑑賞していて思わず赤井川小学校の児童で中学2年生になっていた子の作品を見つけ懐かしく思い出された。
銀山、赤井川は以前主人が勤務した学校で感慨深いです。(K.Y)

29,2,3
2月19日まで「第22回ふるさとこども美術展」が開催されています。応募総数1698点。後志最大の規模だそうです。
金次郎賞の「豊漁」は女子児童とは思えない力強さでフォルム?等ガッチリと描かれていました。
入選作品の「踏切のある風景」が好きでした。
今日は節分。「鬼は外・・・福は内・・・」となれば良いですが・・・(S.Mi)

29,2,8
本年度受け入れ冊数調べ。例年この時期の仕事で資料部活動の大事な仕事だ。ここの本との付き合いも長くなった。
いつも四角四面で面白くもなんともない顔つきだが長く携わっていると「やあお前、元気か」と声をかけたくなるからおかしなものだ。(O.Y)

29,2,10
こども展に、タブレットを持ったお父さんと思われる方が来館。探し当て撮影完了。たぶん大きくきれいに撮れるのでしょうね。
ニュージーランドのお客様が来館。木田の展示室ではスマホ使えないこと(写メ×)、こども展の絵は買えないことなど何とか伝えました。10枚セットのポストカードを購入されニセコでスケボーの予定。(S.Mi)

29,2,16
娘の成人、孫の誕生に愛犬の死といろいろありました。
新聞の切り貼りをしているこの時間だけが静かに自分と向き合える大切な時なのかもしれません。(K.Y)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析