みがき合う若き感性 見応え十分 後志高校美術部展

平成28年度第51回高文連後志支部美術展研究大会が会期8/24~8/26、岩内文化センターを会場に開催された。
当番校が岩内高。ほぼ高校ごとにコの字型に仕切られ、そのため用いられたパネルに作品が展示された。
画題は多様だが、どの絵からも見た瞬間ハッとするような新鮮な驚きがある。
こんな絵を描くんだ、こんな色遣いするんだ、何だ これ?・・・。
巨匠とか有名な大家達の完成された絵を見慣れた目には、随所にのぞく美的ひらめき、ほとばしるダイナミズム等一点一点若者ならではの迫力があり挑戦がある。
それは未熟さを秘めているかもしれないけれど魅力であり大いなる可能性も期待できる。

DSC07231.jpg

小樽潮陵14、小樽桜陽7、小樽工業10、岩内21、倶知安8、共和2、余市3、小樽双葉11、小樽商業3、小樽高等聾学校4で総出品数は83点。なお、絵以外に彫刻とかの立体造形の作品もあった。
会場受付で一枚の用紙が配られる。ベストの作品を一点選びコメントを書き投票する仕組みだ。
最終日に集計しその結果等を参考に検討を深めるのだろう。
オープンの場で批判し合いみがき合って実力がつく。
10月、北見市の全道大会に後志から23点出品の予定だ。

第2会場が隣接の木田金次郎美術館第4展示室。
ここは岩内高校美術部展で単独開催だが会期は8/24~8/28まで。
絵画21点と垂れ幕2本が展示されている。
ここでは岩高名物の文化祭垂れ幕はビッグなだけに圧倒的な存在感がある。
壁面からフロアにかけて2本並ぶ。

DSC07208.jpg

大きいだけでなく美術作品としても優れもので年度のベスト1垂れ幕に選ばれた。
27年度テーマ「命の教室」のデザインは美術部の谷口君、28年度のテーマ「Atlantica」のデザインは美術部の加藤君がそれぞれ担当の傑作。(O.Y)
DSC07224.jpg

DSC07227.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析