FC2ブログ

「小規模美術館の絆を強くするために」

 ポプラの会主催で、今年8月に
北海道立美術館ボランティア交流会を
地元開催すると決断したとき、
私たちと同じような小規模美術館にも
是非参加してもらうことが大切と思い至り、
まずは共和町の西村計雄記念美術館と、
倶知安町の小川原脩記念美術館へ
挨拶そして大会主旨をお知らせに伺いました。
 
道立美術館ボランティア-といわれても
馴染みはないはず。
大きいところでは会員数が100名を超え、
班や専門の部にわかれて活動し、
物販や喫茶の利益を上げては美術作品を
購入して寄贈するという素晴らしい
貢献をしているグループもあるのです。

かつてこういう活動報告を耳にして、
ため息をついていたこともあります。
とても及びません・・・・・。
少ない人数でやりくりし、
高齢化も進んでいる。
でも少人数だからこそやれる事もあるし、
職員の方とのつながりも深められたという自負もあります。

後志ミュージアムロードと呼ばれる
小さな美術館の仲間達が、
北斗七星のように輝く軌跡を描ける
小さくても特別な星になれたらと願ってます。

(S.K)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析