祝 美術館入館者が40万人を迎えました

木田美術館の入館者が、そろそろ40万人を突破するだろうーと期待しながら、行楽の秋を過ごしていました。
人口40万人都市を考えると、本州の柏市や宮崎市に当ります。大都市ですね。
それだけの人が、この小さな街の個人美術館を訪れて下さったのかと思うと、感慨深い気持ちになります。
中には2度3度と繰り返しお越し下さった方もいて、鑑賞者ノートのたくさんの記録を読むにつけ、一人の画家がこんなにも多くの人の心に残る作品を作り上げたエネルギー、そして影響力に頭の下がる気がします。

2015年10月11日、
曇りの日曜日に私たちボランティアも「今日こそ、記念の来館者が来てくれそう」と待ち遠しい気持ちで待機していたところ、
はるばる網走から中原健一さんが
「ずっと見に来たいと思っていて、念願叶いました。」と受付を通過して下さいました。

町長から入館者40万人目の記念品を贈呈し、その後ゆっくりと一人で木田の作品を鑑賞していらっしゃいました。

DSC05830.jpg

DSC05833.jpg

冷たい風の吹く秋の日、入館者もそれほど多くはない休日でしたが、作品とじっくり向かい合うには最高の環境で、中原さんが木田作品から何を受けとめたのか、いつかお伺い出来たらいいのに、と思いました。

「木田金次郎の作品に会いに来て下さって、ありがとうございます」と、心よりお礼申し上げます。(S・K)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析