特別展示「木田金次郎と昭和30年代」はじまりました!

7月30日(木)から、
特別展示「木田金次郎と昭和30年代」がはじまりました。

「木田金次郎と昭和30年代」展

今年は、昭和で数えると90年。
戦後70年など、様々な節目の年でもあります。
岩内にとっての昭和30年代は、
「岩内大火」(昭和29年秋)からの復興からはじまりました。

大火で作品のほぼ全てを失った木田金次郎も、
大火からの再起から、昭和30年代がはじまりました。

ここから周囲の尽力もあり、
二度にわたる全国巡回展などの活躍をみせたのです。

この展覧会では、
木田金次郎にとっての昭和30年代を、
岩内町の歩みと、
同時代の北海道美術の動きとともに紹介します。

昭和30年代の入口
昭和30年代へタイムスリップ!

木田との出会いがきっかけで、
北海道で美術評論家として活躍した、
「なかがわ・つかさ」の評論から、
8人の作家の作品を取り上げています。

初公開作品は11点。
ポスターになっている「岩内山」(1958年)もその一点。
大作を数多くお借りしていますので、
見応え十分の特別展示です。

(学芸員 岡部 卓)

************************
特別展示
木田金次郎と昭和30年代
7月30日(木)~11月3日(日) 展示室1~3

しりべしミュージアムロード共同展
道―On the Road―
7月18日(木)~8月30日(日) 展示室4
************************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析