鑑賞スケッチノート

2018/2/3 K様
風景の絵では、風が感じられたものや寒さを感じられたものもあり、その季節のどこか懐かしいにおいが思い起こされるようでした。
北海道の自然も様々な顔をもっていますが、ここ後志の空気感が感じられるものでした。他のミュージアムロード巡りも楽しみです。

2018/2/9  韓国 I様
札幌と小樽に宿泊するところがなくてくるようになった岩内だが、見れば見るほどよく来たという気がする。
油絵が好きな私にはとても良い絵だった。

2018/2/22 アメリカ合衆国 S様、C様
Wonderfuru paintings and Museum space! We are glad you were open in winter!
素晴らしい絵画と空間だった。冬も開館していて嬉しいです。
スポンサーサイト

春の企画展のお知らせ

昨年秋より開催されていた「木田金次郎あいうえお」は3月28日で終了し、
4月1日(日)より
春の企画展「いろはに木田金次郎」が開催されます。
皆様のお越しをお待ちしております。

17秋冬&春ポスターHP

尚、展示入替の為
3月29日(木)~3月31日(土)
           休館とさせていただきます。

絵画教室新規受講生募集中!

「岩内絵画教室」の新規受講生の申込が始まりました。
こどもの部(4歳~小学生)・一般の部(中学生以上)、
講師は元岩高美術部顧問福田好孝先生です。
楽しく絵を描いてみませんか

20180327125526のコピー

お申込み、お問い合わせは木田金次郎美術館まで 
                  ☎0135-63-2221
詳しくは こちら→★

Volunteer Diary

2018/2/9
第4展示室の「こどもふるさと美術展」を見せてもらいました。若い視点、感性の作品が壁いっぱいに…。私は金賞の小1男児の「のはらにいるうまとやぎ」の馬がダリのような不思議な感覚で興味深かったです。会員の中2のお嬢さんが入選され、喜ばしくよかったなぁと感じています。(S.Mi)
2018/2/17
今日は絵画教室を見学に行ってきました。皆さんとても上手で、わたしの小学、中学時の同級生もいました。懐かしいね!!と少しお話をして、皆さんと先生に挨拶をして帰って来ました。
残りの時間がんばってボランティアに専念します。(T.S)

2018/2/23
今日は太陽が感じられ、空も青く映っています。
どんざ丸に大森部長の「会議の内容を届けてくれ、メンバーの息づかいまでわかる気持ち。その場にいないのが残念」とありました。
春には復活し、また一緒に活動ができる様。(S.Mi)

2018/2/27
仲間たち展に4名くらい来てくださいました。皆さん熱心に見入ってました。
作品の中の三澤沙希子さんの「小さな幸せ」「Sweet」を娘に見せてあげたいです。娘もイラストから絵へと色々やっているので。
今日は絵のガイドの勉強を少ししていました。(T.S)


様々な絵に出会える岩内高校OBOG展

木田金次郎美術館第4展示室で、「仲間たち展」を見てきた。
様々な絵画展で大量入選を果たしている岩内高校の卒業生たちが毎年1回集まって、元美術部顧問の福田先生の呼びかけで集まってくる。
今回も19人のOBOG達と指導教員達3人が36点の油絵やパッケージデザインなどを出展している。


おもしろかったのは、魚を題材にした油絵が4点並んでいて、その表現方法が全く異なることだ。モノクロームの「ほっちゃれ」の鮭があるかと思うと、生命の塊のような表現主義的な「柳の舞(魚の名称)」が描かれていたりする。年齢も20歳代から50歳代と幅広い。同じテーマでこれだけの差異を感じさせるのは、偶然かもしれないが企画としてとてもおもしろい。

DSC09609.jpg
谷口進吾 「制作中」

DSC09610.jpg
勝戸慎策 「岩魚」

DSC09611.jpg
小栗野乃佳 「刻」

DSC09612.jpg
新井場豊 「生きている」


工場にいる青年を描いた「閃甲」は建物と青年の皮膚の質感の違いがよく出ている。この青年の手が老人のような感じなのは意図的なのだろうか。

DSC09616.jpg
古西元希 「閃甲」

廃船を描いた「還る」は朽ちてゆく船や枯れ草と、上部に見える青々とした木々の生命力の対比が印象に残る。

DSC09623.jpg
松原明季美 「還る」

祖父と孫が海を見ている南田宰子の「輝」は、装飾的な絵画から脱却して、人間性の心の襞の深みを柔らかく表現しようとしている試みが成功している。これからの進化に注目していきたい。

DSC09615.jpg
南田宰子 「輝」

みな力のある方たちなので、一つの様式に固執せずこれからもどんどん変わっていって、その人なりの表現を極めてもらいたい。(S,S)

岩内高校美術部卒業記念展はじまります!

岩内高校からこの春巣立った美術部で、3年間奮闘し数々の賞を受賞した生徒たちの作品が展示されます

高校生の凄さをぜひご覧ください。

DSC08325.jpg
写真は昨年の様子

◯✪◯✪◯✪◯✪◯✪◯✪◯✪◯✪◯

岩内高校美術部卒業記念展
3月20日(火)~25日(日)
展示室4 入場無料

◯✪◯✪◯✪◯✪◯✪◯✪◯✪◯✪◯

連続入賞凄いね

 昨年の道展入選に続いて道展U21で「札幌市教育長賞」に入った岩内高校3年生の佐々木佑真(ゆま)さんにお話を伺った。

20180301123428.jpg

道展入賞作品は「夕風に揺れる」でススキの群落から草地を見ている絵でススキの穂が逆光で浮かび上がっている。空の雲の表現がとても細やかでそれでいて力強い。

IMG_2852_201803111507278e5.jpg

道展U21の出品作品は「春の記憶」でやはり風景画だ。
自然を描くのが好きだということで、全体から細部まで実に細やかに描写していてる。畑の絵は比較的多いということで、この2枚とも緑の色合いの変化が美しい。
「春の記憶」は近景の下地を暗くして明るめの緑と黄色の菜の花を浮かび上がらせている。中景のトラクターをメインにして描いていて色のバランスとして、赤、黄色、青を組み合わせている。タイヤの形が複雑で難しかったそうだ。

20180301123441.jpg

 1,2年生の頃は道展U21で「ハシビロコウ」という鳥と、「猫」を描いている。
人物画はいつか挑戦したいということで、一番最初に描くとしたら家族を題材にしたいそうだ。
大学に進学しても油絵を続けていきたいとのことだった。これからも佐々木さんの重厚な絵に出くわすかもしれないと思うとわくわくしてきた。(S,S)

ナイトオープンに参加して

いつもは中々行くことがなかった木田金次郎美術館のナイトオープンに親子で参加させてもらいました。
午後6時半から7時までは学芸員さんのトークで、「木田金次郎あいうえお」の企画展の説明で短い言葉の意味を詳しく伝えて下さいました。

DSC09538.jpg

ただ見て読んだだけでは分かりづらかったですが、カルタ風(調)で読んでみると、その絵の内容が理解出来るかのようでした。
学芸員さんは中々苦労したとか…。ごくろう様です。
午後7時から8時まではナイトラウンジオープンで温かいメニューと飲み物で親子共々楽しみました。

DSC09584.jpg

ポプラのSさん、Kさんと私の子どもと私で仲良く食事を楽しみました。中学生の子どもは皆さんにすすめられ、二人前くらいたいらげたとか…。いつも副会長さんや会員の人達に子育てのことで色々教えてもらい、少しずつ自分の気持ちが変わってきました。
今4月より中学3年生、受験生になりますが、もっと責任を持たせ、自分も子どもも絵を通して成長していきます。
館長さんや学芸員さんみずから料理などをよそったり、雪かきをしたりなど頭が下がる思いです。
やさしい気持ちが伝わってきてとても感激しました。
この次は皆さんもナイトオープンにいらっしゃいませんか。
私は木田美術館で心を磨いています。(T.S)

DSC09588.jpg

岩高芸文祭

岩内高校の文化部の発表の場『岩高芸文祭』が2月上旬に岩内地方文化センターで行われていました。
いつもお世話になっている美術部の作品発表を見に行きました。
美術部は30点程の大きな作品と模写された作品数点が並んでいました。

IMG_2871.jpg

新聞にも取り上げられていた3年生の村田桃花さんの「水の器」や佐々木佑真さんの「夕風に揺れる」など、写真のようだったので実際に実物をみると本当に絵の具で描いているんだと驚きでした。

IMG_2858.jpg

2年生の渋谷希季さんの「蛸」はまるで生きているかのようで生々しく描かれていました。

IMG_2870.jpg

2年生の枝元善藏君の「朽車」は全道高文連で優秀賞を受賞し全国推薦された作品で実物は見れませんでしたが、3月30日(金)まで札幌市中央区にある北海道銀行本店営業部1階ロビーに展示中なのでお近くにお寄りの方は是非ご覧ください。
公益財団法人道銀文化財団のホームページは こちら→☆

IMG_2861.jpg


町民にも注目されている岩高美術部の今後の活躍がとても楽しみです!
美術館職員一同応援しています(S.N)

岩内絵画教室作品展のお知らせ

岩内絵画教室で一年間の集大成を作品展として開催します

20180210110415.jpg

こどもの部の作品は3月6日(火)~11日(日)
こどもたちの元気いっぱいで個性豊かな作品
約100点が展示室を明るく楽しい空間にします

一般の部3月13日(火)~18日(日)
福田先生の指導のもと皆さん技術を磨き、
デッサンや水彩画などの作品
約120点が展示されます

お友達、ご家族そろって受講生のがんばりをぜひご覧ください

✩✦♬✩✦♬✩✦♬✩✦♬✩✦♬✩✦♬✩✦
  
  岩内絵画教室作品展
◇こどもの部 3月 6日(火)~11日(日)
◆一 般 の部 3月13日(火)~18日(日)
展示室4 入場無料

✩✦♬✩✦♬✩✦♬✩✦♬✩✦♬✩✦♬✩✦

西村美術館で箱絵が展示中!

絵画教室のみんなで西村美術館に行ったとき、復元アトリエの中に展示されている「箱絵」を見せてもらいました。
80歳を過ぎてから空き箱に絵を描いていたという西村計雄さん

DSCN1994.jpg


今年で14回目になる公募展『つたえる・つたわる箱絵展』に応募するため、絵画教室のこどもの部でも「箱絵」を描きました

IMG_0013.jpg

3月11日(日)まで西村美術館で展示しています。
作品出品者にメッセージが届けられるそうなので、感想を書いて想いを伝えましょう(S.N)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析