藤倉英幸展を鑑賞して

有島記念館で開催されていた、藤倉英幸作品受贈記念展示part1の第二期を訪れた。

20180403102138.jpg

四季折々の北海道の自然を題材とした切り絵作品は、精緻でありながらも、藤倉氏が北海道の地に馳せる思いの感じられる、情感に溢れたものだった。

特に面白く鑑賞したのは、春を描いた二作品だ。一つは、どこまでも深い雪に覆われた大地が印象的な「遅い春」。
そして二つ目には、背景にはまだ白い山々、前景には全く雪の残らない農道と田畑が描かれた「早い春」。
どちらも前面に穂をつけたネコヤナギの枝が置かれているが、前者は1994年、後者は2006年と、9年の歳月を隔てて制作された作品である。
一見すると対になったタイトルのように感じられるが、辞書を引けば、単なる対義語でないことがわかる。
「早春」は、春の早い時期を示すのに対し、「遅春」は、暦の上での春が訪れてなお冬の名残と寒さが色濃く残っていることをいうものであり、春の深まった時期をあらわす言葉ではない。

暦の春と実感の春は、特に北国では大きく隔たる。じわじわとやってくる遅い春にしびれを切らしつつ、ネコヤナギの花のような春の兆しを一つずつ見つけてゆくことは、北国ならではのよろこびだろう。

私が有島記念館を訪れたのは春分を過ぎた頃だったが、残雪と呼べないほどたくさんの雪が、本来ならば大きく羊蹄山を望むはずの眺めを遮っていた。今年のニセコの春は、どんなはやさで訪れるのだろうか。(S.H)
スポンサーサイト

没後40年 熊谷守一「生きるよろこび」 於東京国立近代美術館

3月初めの日曜日、皇居のお堀端はたくさんのランナーが行き過ぎ、梅や桜も色づいて春の装いでした。
一度も熊谷守一作品を目にしたことがないので、初めて竹橋そばの東京国立近代美術館で開催されている回顧展に出かけました。

20180311132710_20180407105838210.jpg

初期の作品「轢死」 茶や黒の暗い色合いのなかに女の横たわる姿が描かれている、という説明を読んでも判別できません。
グラデーションが解っても、人体のラインが見つけられず・・・ 既知の明るくシンプルな線で描かれた、後半生の作品との違いに驚かされました。

200点以上の作品を鑑賞して、熊谷の70年以上にわたる制作活動での変遷を目の当たりにしました。
猫を描いた数作品は、彼が猫好きであったことがよくわかるユーモアと愛しさが感じられました。私には「伸餅」という、伸し餅三枚となっきり包丁を描いた作品が印象的でした。

20180311132739.jpg

97年の生涯で我が子を次々病死で失い、生活苦も通り越し、やがてきれいな色あわせで、明快に小さきものを描く手法でたくさんの人に愛される作品を生み出してきました。
「いつまでも生きていたい」自宅の鬱蒼とした庭で自然観察を楽しみながら、1977年没しました。
順風満帆ではないけれど、絵描きとして生きるよろこびを幾度も感じた人生であったろうと、スケッチや日記などにも触れて思いました。(S.K)

見応えのある似鳥美術館

 昨年秋と今回と小樽芸術村を鑑賞してきた。
その中の似鳥美術館は地上4階地下1階建てで4階から3階に日本画、洋画等約110点ほど展示されている。
小樽芸術村のコンセプトは、小樽が最も栄えた19世紀後半から20世紀初頭を中心とした近代芸術の作品を集めていることだ。

 4階には日本画を展示している。入って左側には上村松園のはんなりした美人画、そして川端龍子の「長春花」の白薔薇が目を引く。下地の色を残して白薔薇の立体感を見事に表現している。地面は描かれてはいないが、根元の逞しさから肥沃な土の匂いが漂ってくるようだ。
川合玉堂の「緑陰水車」や「雪霽(せっさい)」は働いている人たちの生き生きとした様子が伝わってくる。季節感があり画面構成も実に巧みだ。

 3階入って右手には山下清の貼り絵とペン画が並ぶ。桜島を描いたものが3点ある。近景の瓦の線は紙をねじったりして工夫している。「浅草寺の年の暮れ」は屋根の上を切り空を入れずに、手前の人々のざわめきが聞こえてきそうな躍動感がある。
正面一番奥には岸田劉生の「静物(リーチの茶碗と果物)」が暗めの照明に浮かび上がっている。形をわざとゆがませて質感はしっかりと描いている。劉生の不思議さは言葉にしようがない。
今回新しく購入した「2人のセイレーン」は、ルノアールの晩年の、形と色の豊かさをよく伝えている。
左側にある梅原龍三郎の絵はとても力強く生命力を感じる。

 小樽というすぐ近くにこのような名作を見られる美術館があるのは、つくづく幸せだと思った。
これからも時間をかけてゆっくりとそれぞれの作家と対峙していきたい。(S.S)

慈愛溢れる仏像彫刻

 岩内に仏像を彫っている方がいるということで、高台のお宅をお伺いした。
船見光英さん(90歳)で、奥様とともに柔和な笑顔で迎えてくださった。

 若い時は旋盤工として働いていたが、昭和29年の岩内大火で焼け出され、全修寺に仮住まいをしていたところ、その敷地内に家を建ててもらって住んでいたそうだ。
奥様はそこで洋裁教室を開き、船見さんは40歳代で全修寺の住職に勧められお坊さんになった。
そして45歳の時に、大仏師、松久朋琳著「心を刻む」の本に出会い仏像を彫り始めた。そして30センチメートルほどの大きさの30体ほどを制作したそうだ。

DSCN0570.jpg

 韋駄天像は3体彫って、全修寺と他の曹洞宗のお寺2軒に奉納されている。
今回拝見させていただいたなかで聖徳太子像がとても印象に残った。手に持っている物と手を切り離さないように緻密に彫っていた。顔は若く初々しくて美しかった。
仏像はみな穏やかな表情をしていて、見ていて心が安らぐものばかりだった。

DSCN0567.jpg

 ご夫婦二人で30代後半に札幌南校の通信教育を受けて、毎日夜3時間勉強を続け4年間で卒業したそうだ。
それがNHKの「500万人の顔」という番組で取り上げられた。そんな仲睦まじいご夫婦の生活の基盤があってこその仏像彫刻のように思われた。
退職した後も毎日仏像をご家族で拝んでいるという船見家の信仰心の篤さに心を打たれた。(S.S)

DSCN0572.jpg

窪島誠一郎さんと木田金次郎美術館〈後編〉

以前から1987年岩内ロータリークラブが20周年記念事業として「木田金次郎画集」を刊行したりなど、町民のあいだでも木田作品を取りまとめた美術館が欲しいという要望がありましたが、窪島さんを囲んだこの夜の集まりが具体的、積極的な美術館建設運動がスタートするきっかけとなりました。

20171208153420.jpg

翌年1987年6月前年窪島さんを囲んだ仲間を中心に8人で信濃デッサン館をはじめ信州各地の美術館の視察研修を実施し、この機会にも窪島さんから美術館運営について色々な示唆を頂きました。その後この活動の中心となる「木田金次郎美術館を考える会」が結成されました。
各地美術館の実態調査や運営状況の把握、世論喚起のための講演会の開催、マスコミ対応等々望ましい美術館の姿を求め、又町民が誇りを持てる、みんなで創る美術館を目指し活動が続きました。
これらの運動を通じて得た経験知識を基に1988年「今だからこそ木田金次郎美術館を」の美術館建設を要望する提言書を岩内町に提出しました。

やがて一連の運動が功を奏し、1993年4月岩内町に木田美術館の開設準備室が設置され、1994年11月3日文化の日に待望の木田金次郎美術館が開館しました。

20171208153616.jpg

2017年10月2日、今回小樽文学館での「窪島誠一郎展」の記念講演会が展覧会場で開催されました。講演を終えた窪島さんは翌13日に岩内町を訪れ、荒井記念美術館ホールで朗読会「岩内讃歌」と対談会「岩内を語る」を開催し、多くの聴衆を前に岩内への熱い思いを語り好評でした。(M.T)

DSCN9834.jpg
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析