神田日勝記念館―菅訓章館長を偲んで―

 8月になり北海道も月遅れのお盆を迎える頃となりました。
思い出多き方々を偲ぶ季節でもあります。
今年1月12日十勝の神田日勝記念館館長の菅訓章さんが65才で亡くなりました。
間もなく新盆を迎えます。

 1937年東京都練馬で生まれ、1945年北海道鹿追町に入植した開拓農家の次男として育った神田日勝は「結局、どう云う作品が生まれるかは、どう云う生き方をするかにかかっている」と語り、農作業と共に好きな絵を描き続け1970年8月32歳でこの世を去りました。
木田金次郎は1893年7月岩内町に生まれ、家業の漁業を続けながら絵と向きあい「作品は人です。人間が鍛え上げられて、りっぱにならなければ、いい絵は生まれるはずはありません」と数々の傑作を残し1962年12月69歳で亡くなりました。
農民画家と呼ばれ、漁夫画家といわれた二人は生涯を北の大地の自然や身近な対象を画題に制作を続けました。

20170728142450.jpg
海と大地の邂逅「木田金次郎と神田日勝」展 図録より

 1984年鹿追町で、1987年岩内町で、ほぼ同時期に二人の画家の地元でそれぞれの記念館、美術館を作ろうという市民運動が始まりました。
鹿追町では以前より神田日勝を支援してきた「ランプの会」が母体となり「神田日勝記念館建設実行委員会」が組織され、真言宗鹿追寺二代目住職で教育委員会職員の菅訓章さんが事務局長として記念館実現に奔走しました。
岩内町では若者中心に25名のメンバーで「木田金次郎美術館を考える会」が発足し、活動費も自前で多角的な視点で美術館建設運動が活発に進められました。同じ頃、競うように始まった地元作家の記念館、美術館の建設実現の運動はやがて多くの人々のバックアップと行政機関の理解も深まり1993年6月に「神田日勝記念館」が、1994年11月に「木田金次郎美術館」が誕生しました。

 今年の新年早々新聞報道で菅訓章さんがまだまだ働き盛りの65歳で旅立った訃報を目にし、20年余り前、地域の芸術文化の振興発展に互いに競い合い、意識し合って汗を流した事を思い出し感慨深いものがありました。孟蘭盆も終え、あらためてご冥福をお祈りいたします。(M.T)
スポンサーサイト

木田美で「20年目を迎えた岡部学芸員」

1997年木田金次郎美術館に岡部卓学芸員が就任し、最初に手掛けた展覧会は北の大地で描き続けた北海道を代表する二人の画家を取り上げた「木田金次郎と神田日勝」展でした。
以来木田美術館で数多くの展覧会の企画や実施、作品調査など学芸セクションの仕事を幅広く続け今年で20年目を迎えました。
近年画家木田金次郎の研究者としてその実績や実力が高く評価され各種の講演会や講座の講師として活躍する機会も多くなりました。
岡部卓学芸員が木田美術館以外で講師を務める近々開催される講座等は次の通りです。
多くの皆さまの聴講を得て、木田金次郎の画業や人生にご理解を深めていただきたくご案内いたします。(M. T)

北海道新聞社 小樽道新文化センター講座 
「有島武郎と木田金次郎の足跡をたどる」全4回
  ・7月7日(金)・14日(金)  有島記念館 学芸員 伊藤大介
  ・7月21日(金)・28日(金) 木田金次郎美術館 学芸員 岡部卓
小樽市稲穂2丁目8-4 北海道新聞小樽支社4階
0134-23-1700
ホームページは こちら→✿

サッポロアート・ラボ・「サラ」2017年レクチャープログラム 
  第78回講座「木田美術館のこれまでとこれから」
  ・9月29日 木田金次郎美術館 学芸員 岡部卓
札幌市中央区南9条西3丁目2-1 マジソンハイツ1階「ト・オン・カフェ」
011-299-6380

札幌市ちえりあ講座
  「木田金次郎としりべしの画家たち」
  有島武郎の「生れ出づる悩み」が誕生して100年目を迎えた今、木田金次郎と関係の深い後志   の画家達の思いをたどります。
  ・10月5日(木)「木田金次郎~生れ出づる悩みのモデルは」
   北海道立文学館 主任学芸員 苫名直子
  ・10月12日(木)「木田金次郎~故郷の地を描いて~」
   木田金次郎美術館 学芸員 岡部卓
  ・10月19日(木)「西村計雄~半世紀近くをパリで~」
   西村計雄記念美術館 学芸員 磯崎亜矢子
  ・10月26日(木)「小川原脩~前衛画家からの転機は~」
   小川原脩記念美術館 学芸員 沼田絵美
札幌市西区宮の沢1-1「札幌市生涯学習センターちえりあ」
011-671-2200
ホームページは こちら→✿

 

ゴッホ展と旅の思い出

この夏8月26日より10月15日まで道立近代美術館で開館40周年を記念し「ゴッホ展・巡りゆく日本の夢」を開催するとの新聞広告を目にした。
新聞ではゴッホの絵画は愛好者が多く同館で2002年に開催した「ゴッホ展・Vincent&Theo Van Gogh」では28万人の入館者があり、道内最多を記録したと報じていた。

20170509103634.jpg

偶然だが2002年4月、この展覧会の3か月前私はゴッホが多くの傑作を描いたフランスのプロバンス地方にゴッホの足跡を訪ねていた事を思い出した。
ゴッホがアルルで描いた花瓶の「ひまわり」の作品は焼失した分も含め7点といわれているが、エクサンプロバンスで宿泊したホテル・フルマランのロビーで絵と同じような美事なひまわりの花を目にした。
高さ60㎝前後の大きなひまわりの切り花が縦長のガラスの花瓶に7~8本まとめて飾られていた。

翌日はゴッホが「跳橋」を描いた場所へ足を運んだ。
ゴッホの作品では跳橋の上には馬車が、そして川岸の土手には数人の洗濯女が描かれているが目前の跳橋は後年復元された橋でコンクリート製の護岸に架設され、洗濯が出来るようなのどかな空気はなかった。
穏やかに流れる川面を見ながら時の流れとゴッホがアルルのこの地で絵筆を手にした1888年当時からの世の移りかわりを実感した。

私が好きな作品のひとつにゴッホが初めて星空を描いたといわれている「夜のカフェテラス」があります。
夜のとばりで青色に染まった星空や広場の石畳、そしてカフェテラスをガス燈の黄色い光が明るく照らすこの作品は色彩のコントラストが魅力的な作品です。
私がここでランチを取ったのはお昼過ぎでした。
ラオルム広場に面したカフェの黄色の外壁には大きくCAFÉ VAN GOGHと書かれ高く明るいアルルの青空から輝く南仏の太陽の光がふりそそいでおりました。
以前から気にかかっていたカフェの建物の中は一階ホールの左手にバーカウンター、右手に二階への大きな階段、一階ホールのテーブル席の上部空面は吹き抜けで太く長い荒削りの粱が天井を支え、中二階の椅子席がバーカウンター上部の空面に設けられておりました。

その後アルルから20㎞余り先のサン・レミに向いゴッホが独特の力強いタッチでうねるように天をめざす糸杉やポプラを描いた郊外の樹々を目にしながらサン・ポール・ド・モルゾ精神療養所を訪ねました。
その中庭回廊花壇のそばにたたずみ、ゴーギャンとの破局から片耳下部をそぎ落とし、やがて終焉への道をたどり始めたファン・ゴッホの生涯に思いを馳せた南仏の旅でした。(M.T)

「春のモイワ」  木田金次郎

20170304103838.jpg

 この句、月刊総合俳誌「俳句四季」のタイトル<一枚の絵>に絵と共に掲載されたもので絵に木田の代表作の一つ『春のモイワ』を選び俳人が詠んだ一句である。

20170304120136.jpg
1961年 春のモイワ

・・・大胆な描線が印象的で日本海を望む岩内地方の風景の象徴ともいうべき絵である。この絵は木田晩年の作品であるが、日本海の荒々しい波に洗われる風物を、終生描いた画家の姿勢がみられる。・・・
と文中で述べている。

有島との出会いから木田がふるさとでひたすら絵に精進したことも簡潔に紹介している。ページ上半分に文、下半分に絵の構成。
俳句には全くの門外漢の私でも、日本海の果てしない広がりを背景に春への憧れと同時に天空にぐさっと突き刺さるような巨岩に打ち寄せる厳冬の荒波のきびしさ等、大自然に人の気持ちをしかり詠みこんだいい作だなと思う。

 また、源 鬼彦は札幌市在住、俳誌「道」を主宰、「俳句四季」吟詠選者等を務め道内外俳句文化の向上に貢献している。
道新日曜版に載る俳句の撰者としても馴染みのある方だ。(O.Y)

木田金次郎美術館名誉館長 青塚誠爾先生と「元朝の漁港」

雪まじりの寒風の中を鯳漁の漁船が沖に向かう。岩内港の冬の風物詩と云えます。
港町岩内の冬は鯳はえ縄漁業で漁師も水産加工場も忙しい季節を迎えます。
歳末の慌ただしさも除夜の鐘と共に新年を迎えると元旦は漁も休みとなり港もおだやかな表情を取り戻します。

以前、毎年元旦の朝に岩内港で絵筆を握る画家がおりました。
木田金次郎美術館の名誉館長青塚誠爾先生でした。
木田金次郎の門下生として現場主義こそ写実絵画の基本との教えを忠実に守り、その年の描き初めは、日の丸と大漁旗を掲げた漁船を係留する新春の岩内港でした。
季節風の西風が吹き荒ぶ中、寒さにもめげず毎年元旦の港の姿を描き続けて来ました。
例年道展への出品作品は「元朝の漁港」のタイトルで2005年青塚先生が亡くなるまで30年余りも続きました。
画題は同じでも構図は毎年異なり、岩内港風景はライフワークでもありました。

がんちょう
「元朝の漁港」1986年

現在、道新の文化部長の鳥居和比徒さんが岩内支局長時代に道新2004年1月17日のコラム「地域」に次のような記事を書いております。
北海道新聞岩内支局の新年の仕事は毎年、元日の朝に岩内港岸壁で漁船の絵を描いている男性への取材から始まる。同町在住の道展会員青塚誠爾さん(80才)木田金次郎最後の弟子の一人だ。港での描き初めも木田から「港には変化がある。モチーフになるものがたくさんある」と勧められたのがきっかけだったと云う。

この頃お正月の道新には岩内港で制作中の青塚先生の写真と記事がよく掲載されました。
青塚先生が亡くなられて13年余りとなりましたが、毎年この季節には「老先短い老画学生」と云いながら元日の制作に必要な準備をされていた青塚先生の姿がなつかしく思い出されます。(M.T)
元朝
「元朝の漁港<遺作>」2005年
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析