Volunteer Diary

29,3,3
 9日まで3・9Art Week。西村、小川原、有島館でも。木田美ではラウンジメニューが割引き、記念品などもありのようです。
岩高美術部OB・OG第17回展が5日まで開催。
坂泰奈さんはデザイン学校の課題で「知っていますか。日本の節句」というシリーズで桃の節句など予告とダブルで計10回も一面全部使った柔らかな色合いのイラストを一人で担当。ロゴマークが地下広告のステッカーにも。(S.Mi)

29,3,11
 第4展示室で絵画教室こどもの部作品展。室内一杯の絵、どれも素晴らしい。
見たまま、感じたままののびのびとした筆遣いが本誌素敵な美といったものを思い出させる。この芽を伸ばしたいものだ。(O.Y)

29,3,17
 20日まで岩内絵画教室で一般の部作品展示中。37名もの会員さんの成果が披露され皆さんの熱心さが伝わって来ます。
知人の作品は特に印象に残りますね。「私、絵画教室に通っているのよ。」というのがステイタスになりそうな…そんな思いにかられました。(S.Mi)

29,3,22
 第4展示室の岩内高校美術部卒業記念展を見せて頂いた。
すばらしい。 どれだけの努力、集中力そして才能に恵まれた若い芸術家を心より応援したい。
未来に煌めく大きな星になるように祈ります。(S.K)
スポンサーサイト

鑑賞スケッチノートより

〇2017/1/13 神戸市 F.M様
木田金次郎の絵が大好きで関西からもう4度目来ました。
何度見ても心に迫るものがあり本当に感動します。ありがとうございました。

〇2017/1/13 姫路市 F.A様
幾度となく北海道に来ていますが木田美術館を知ってからはどうしてもこちらに足がむいてしまいます。
木田さんが愛蔵の本と絵の関係を知り絵をもうひとつ深く見ることができました。
関西にいるとこうした企画展のあることが分からず残念です。今回も北海道にきてから知りました。

鑑賞スケッチノートより

◯2016/11/12 函館市 H様
近くて遠い美術館でした。今日鑑賞できて本当によかった。
焼失した絵画を見たかったと強く思いました。
北海道だからの荒々しさなのかなと思い、だからこそ強く生きていくというようなものを感じました。

◯2016/11/19 神戸市 H様
7年ぶりの2度目の来館です。
厳しい岩内の海や冬の様子も良いのですが、静物画、とくにあったかそうなリンゴたちの絵に心惹かれた。
展示室1で拝見していて、色々な「額縁」があり面白いと思ったら、そういう特集も実施済み。すごい!

◯2016/11/20 積丹町 F.H様
2度目です。前回は主人でしたが今回は東京から息子が来て、有島武郎の「生れ出づる悩み」を愛読しているので、是非にと言うことで来館しました。
真剣に感動しながら資料、絵を見つめる息子の姿。そんな姿を見ることができ、私も幸せな時を過ごせました。ありがとうございました。

◯2016/11/20 札幌市 匿名
来館は今日で3度目、今回夫婦で時間をかけてゆっくりと拝読拝見。
岩内を離れることなく、多くの知名人に愛され認められた木田金次郎さんという画家のお人柄がしのばれます。
又、何度か観に来ます。

鑑賞スケッチノートより

◯2016/10/2 岩内町 S.M様
山岸さんの作品を拝見させていただき胸を打たれました。

◯2016/10/4 北斗市 K. N様
本日はありがとうございました。学芸員さんの説明よくわかりました。インターンシップの岩内高校の生徒さん、ありがとうございました。がんばって下さい。応援しています。

◯2016/10/5 千葉市 H.M様
8月に私の甥の妻(共和町出身)が女児を出産(実家で)現在も共和にて育児中、赤子を見に昨日参りました。同家で当館があることを聞き薦めにより赴きました。
岩内にこの様な素晴らしい美術館がある事を知り感銘しました。美術は文化、平和そのものです。
再度共和へ来る機会がありましたら、再訪したく存じます。又、千葉、東京の友人にも当館がある事を話したいと思います。

◯2016/10/9 神奈川県 H.M様
父が岩内出身で、今回父の納骨の為、久しぶりに岩内に訪れ、時間が空き、こちらの美術館に来館しました。
父と同じ出身の方で、とてもうれしく思いました。作品も私が大好きな作品です。
また東京や神奈川(横浜など)で個展を開いた時にはお知らせしてもらいたいと思いました。

◯2016/10/8 匿名
見ごたえがありました。

◯2016/10/9 登別市 匿名
画風がその時代によってタッチの違いを感じた。

◯2016/10/9 札幌市 Y様
絵の勉強になりました。

◯2016/10/12 恵庭市 H様
力強い絵に圧倒されました。木田先生の絵を描ける様になるまでは一生涯描けませんが今日は本当に勉強になりました。

◯2016/10/16 倶知安町 N様
東栄会婦人部で見に来ました。ありがとうございます。

◯2016/10/22 茨城県 O.K様
6月より北の旅人として北海道の山々を登らせてもらった。山々のスケッチも楽しかった。
上浜梶雄像が心に残った。大火にリヤカーで仏壇とともに運び出されたとの事だった。

◯2016/10/22 栗山町 D.M様
文学作品を通した人物でしたが作品に触れて生き抜く生命力を感じた展示でした。

◯2016/10/30 神奈川県 K様
心打たれました。人の出来ること、すごいですね。

◯2016/10/30 長野県 M様
5年前の訪問時には修改築中で閉まっていたので今回はようやく実作を拝見できました。
西洋の巨匠たちの作品などを学ばれた後、自分の世界の表現に至り、色彩、表現方法、生き方などの同郷の大先輩として尊敬、教えられることが多くあり、本当に再訪が叶い幸せです。感謝。またいつか再訪を試みたいと思います。

◯2016/10/30 小樽市 I様
美術館へ、照明のあり方を問う。ガラスの入った額の絵に照明器具がうつり込むのは問題です。

鑑賞スケッチノートより

○2016/9/10  札幌市 H.K様
 家族4人で来ました。木田金次郎さんの人柄も絵もたくましく心に残ります。

○2016/9/15  室蘭市 H.H様
 約20年ぶりに来館しました(今回が3回目)。前回、前々回とも大火後の昭和29年9月を境として、画が変わってきたことを強く感じましたが、画に優しさがあふれているのがわかります。
それにしてもこれだけの大美術館を運営される関係者の皆様の努力に感銘致します。

○2016/9/15  匿名
 昔、奥さんがよく家に来ていました。小さい頃観た港の絵がありました。懐かしさ一杯です。海の絵が良いです。好きです。

○2016/9/23  千歳市 O様
 以前より名前は知っておりましたが、今回岩内に来て主人と立ち寄りました。作品の中に「とと姉ちゃん」とゆかりのある絵を見て、牡丹の絵にとても惹かれました。
力強い作品と私の大好きな青がところどころに入りとても癒された時間となりました。

○2016/9/2  小樽市 H.M様
 学芸員として将来美術館で働きたいと思い今回来館しました。絵は最初の順路ではしっかり描かれていてきれいなイメージを感じましたが、後につれて別の人が描いたようなおおざっぱな画風になって驚きました。
このような絵の変化を見るのも楽しいと思いました。

○2016/9/25  札幌市 I.N様
 木田金次郎氏ゆかりの方々がおいでの町に立つこの美術館が大好きです。海を望み、光に満ちて、屋上に位置するとその自然を一望できるのです。歴史、生活する人々、そこにアートが生きている。
その木田金次郎氏の作品に学ぶ作品展を岩内の深さの中で、受講する40名の方々と共に第12回リブレ展をさせていただきました。ありがとうございました。

○2016/9/27  音更町 F様
 この美術館には2、3度来ています。少しずつ内容が違っていて感動を頂いております。今回は花や人物、魚等のデッサン力のすごさを感じました。ありがとうございます。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析