Volunteer Diary

29,1,28
ふるさとこども美術展表彰式。風が強く寒かったけれど雪降らず良かった。
入選者の親子がたくさん見えていた。11時半ごろ終了しました。(S.K)

29,2,2
ふるさとこども美術展を鑑賞していて思わず赤井川小学校の児童で中学2年生になっていた子の作品を見つけ懐かしく思い出された。
銀山、赤井川は以前主人が勤務した学校で感慨深いです。(K.Y)

29,2,3
2月19日まで「第22回ふるさとこども美術展」が開催されています。応募総数1698点。後志最大の規模だそうです。
金次郎賞の「豊漁」は女子児童とは思えない力強さでフォルム?等ガッチリと描かれていました。
入選作品の「踏切のある風景」が好きでした。
今日は節分。「鬼は外・・・福は内・・・」となれば良いですが・・・(S.Mi)

29,2,8
本年度受け入れ冊数調べ。例年この時期の仕事で資料部活動の大事な仕事だ。ここの本との付き合いも長くなった。
いつも四角四面で面白くもなんともない顔つきだが長く携わっていると「やあお前、元気か」と声をかけたくなるからおかしなものだ。(O.Y)

29,2,10
こども展に、タブレットを持ったお父さんと思われる方が来館。探し当て撮影完了。たぶん大きくきれいに撮れるのでしょうね。
ニュージーランドのお客様が来館。木田の展示室ではスマホ使えないこと(写メ×)、こども展の絵は買えないことなど何とか伝えました。10枚セットのポストカードを購入されニセコでスケボーの予定。(S.Mi)

29,2,16
娘の成人、孫の誕生に愛犬の死といろいろありました。
新聞の切り貼りをしているこの時間だけが静かに自分と向き合える大切な時なのかもしれません。(K.Y)
スポンサーサイト

新年会雑感

美術館新年会開催されました。
平成29年1月26日(木)午後6時30分から高島旅館で28人の参加で新年会が開催されました。
今年の新年会には、ポプラの会元会員2名の参加があったことです。懐かしい顔にお会いできたことは、うれしいことでした。

定刻になり、瀧澤館長の挨拶があり、館運営費の逼迫は毎年のことであるのが、毎年同じことをお話しするのは心苦しいことであるので詳しくは話さないとの挨拶があり、私にはそのことしか耳に入らず、詳しく話さないことに、ただならぬ、状況を感じ取った次第です。今年も綱渡りが始まりそうです。
DSC07939.jpg

次に、大御所吉田前振興協会長のご発声で宴に入りました。吉田前会長がお元気なのは私たちに元気とやる気を起こさせてくれます。
DSC07941.jpg

元気と云えば、活き作りの「ヒラメ刺身」の生きのいいこと、頭としっぽだけになってもまだ跳ねていました。
高島旅館での新年会は、地元の者でも口にできないような新鮮な魚介類たっぷりの料理で、お酒も進みます。もちろんお酒も協会員が厳選してご寄付いただいたものであるだけにおいしさも一層のことであります。
美術館新年会恒例の参加者番号札を引く「ビンゴゲーム」が会のムードを盛り上げました。
DSC07946.jpg

NPO職員の皆さんご苦労様でした。景品選びも大変であったでしょう。「ビンゴの初めに大きいものばかりに目を向けないで小さいものでも価値あるものがありますよ。」と景品選びの注意があったにもかかわらず。
「ビンゴ」の声がなく、参加者を3周して初めて、ビンゴの声があり、館の機械設備全般を保守管理してくれている佐々木さんが第1号でした。佐々木さん景品選びの注意を守って小さいものを選んだようですが、果たして景品は何だったか、地元水産加工屋の海産品だったのでは・・・。
私は最後から5~6番といったところでしたが、残っていた景品の一番大きなものをもらい、会終了後開いてみたら、かねきち藤田本店のお菓子「にしん街道」と海洋深層水を使った「タラ丸焼き」の交換券でありました。
景品は、すべて岩内の名産品ばかりのようでありました。職員のこの配慮、岩内町民はわかるかな?
美術館あっての岩内、岩内町民あっての美術館。
オール岩内で美術館を盛り上げましょう。(M.N)

美術館を支えて・・・「ボランティア活動資料史」完成

ようやく完成した。早速ボランティア仲間に配る。
書名は「ボランティア活動資料史」。
全93ページで内容は活動の関連文書類をほぼ年代順に配列したもの。期間は平成6年~21年。
説明等は一切付けず素材のままご覧いただくことにした。
前書きにもあるように山のような雑多な資料からこれだけは次代のボランティアに伝える価値ありと選び抜きの資料を編集した一冊である。
目次の中からいくつか拾うと・・・

1 第1回ボランティア説明会
   木田金次郎美術館プレビュー 五番館西武赤レンガホール
  木田金次郎美術館開館
6  NHK金曜ひろば6:40取材
10 ボランティア活動ビデオ「美術館と共に」収録
13 開館10周年お祝の会(職員に感謝する会) 運営ポプラの会
14 第29回道新ボランティア奨励賞受賞
19 休館撤回署名活動取組み

節目節目の活動を取り上げ23項目、どの一つを見てもその当時の意気込みや達成感がまざまざと甦る。
愉快に取り組めたし気持ちも高揚していた。5年ごと発行のポプラの会記念誌と一部重複があるかもしれないが、今後の活動の何らかの参考になればと思う。
なお、この小冊子、ボランティア対象なので主に会員数だけに配布される。(O.Y)

Volunteer Diary

28,12,24
道新のトップページに「岩内に大リゾート構想」と大きく出た。話題の主グライナー氏は「ふるさとこども展」最高賞受賞した子のお父さんで当館とも深いかかわりがある。この構想、どう発展するのか興味深い。
図書受け入れ1点。地方情報誌「BY WAY後志」岡部さんの記事で旧岩内線を取り上げている。テツキチを自任する岡部さんの面目躍如。(O.Y)

28,12,27
今年の活動、締めの日。今日付けの新聞まで処理。
「岩内に大リゾート構想」の記事も美術館に関連ありと判断し採録した。
来る年が皆さんに良い年になるように祈る!(O.Y)

29,1,6
岩内高校美術部が企画に携わったワークショップ「缶バッチ作り」が実施されました。
10名の小学生などが参加。好きな絵柄をサンドしてプレスできる〈バッチマシン〉なる物が不思議で、10分ぐらい(5人分ほどを)凝視してやっとシステムを理解しました。
年頭初めてのイベントです。子どもたち、お母さま方お兄さん、お姉さんと楽しく過ごしていました。(S.Mi)

29,1,13
きだびブックカフェの本達にはところどころに付箋が目立つ。
これは学芸員が目を通し、木田・岩内に関するところに印されたものです。少しの時間でもこれを頼りにすると、容易に情報が得られます。
二男神尾行三氏著の「父有島武郎と私」をこの頃チラチラ読んでいます。三人の子供にどう接していたかなど・・・(S.Mi)

29,1,20
山口県下関より、修学旅行の高校生3名引率2名が来館。スキーを予定していたが体調が整わず美術鑑賞に。
大寒で青空。予期しない木田との出会いでしたでしょうが、記憶に永く留めいつかまた訪れることを願います。
夏物のスニーカーで大丈夫なのかな?(S.Mi)

Volunteer Diary

28,11,30
切り貼りは2枚。冬と共に美術館もしばれてしまったか。
町の広報12月号に恒例十大ニュースの参考候補として美術館関係が2件あがる。
「とと姉ちゃん」の牡丹の絵と木田の認知度をネットで探る試みだ。(O.Y)

28,12,14
受け入れた図書にラベル貼り。
木田の作品が5点寄贈された。午後ロビーで道新支局が取材に入る。ビッグニュース!! 
よくもまあ長い年月を経て故郷へ帰って来たものだ。
一枚の絵の長い旅路が終わりしばし休む。お疲れさま。(O.Y)

28,12,15
今日は大雪。夜の「どんざ忌」たくさん来てくれるかしら? 
新聞の切り抜きは1件だけです。
世の中は美術を鑑賞する余裕などないのかしら。心穏やかに過ごしたいですね。(K.Y)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析