FC2ブログ

ブリューゲル展を鑑賞して

平成30年9月3日(月)、木田金次郎美術館ボランティアグループ「ポプラの会」の第2回目の日帰り研修が実施された。
今回は札幌芸術の森美術館の「ブリュ―ゲル展」及び倶知安町の小川原修記念美術館の「ミュージアムロード展」と「麓彩会展」の鑑賞となった。

ブリューゲル展はSTV創立60周年記念及び北海道読売60周年記念事業として開催されたものである。
 参加者は会員、絵画教室受講生、一般の方などで20名。福祉バスを利用して午前8時木田美術館前を出発、天候は雨が降りそうな曇空ではあったが、午前10時半ごろ予定とおり芸森美術館に到着した。

IMG_5342.jpg

 ブリューゲルは16世紀フランドル(現在のベルギー北部)を代表する画家ピーテル・ブリューゲル1世。画家としての才能は息子のピーテル・ブリューゲル2世、ヤン・ブリューゲル1世、さらに孫、ひ孫の代まで受け継がれ、ブリューゲル一族はおよそ150年に渡り優れた画家を輩出し続けたといわれる。
 ブリューゲル展では表示が面白く○―○―○―○で父、子、孫、ひ孫を表し、作品はそれぞれの○を塗り潰していたのだ。カタカナの名前はなかなか覚えられないのでとても良かった。私は人物、特に女性の絵が好きで、息子のピーテル・ブリューゲル2世の作品だったと思うのだが、大きく開いた胸元の肌の色がなんとも言えず、触るとパンッと弾けそうな張りが感じられた。ルノアールの温かさを感じる肌、藤田嗣治の透き通った乳白色の肌とはまた違った魅力がある。又この日は写真撮影も許可されていたので私も10枚ほど撮ってきた。
もう一つの特徴は、紙にペンなどで描かれた作品が多く、またそれが細かいので鼻が壁に付くくらい前に出て見ないと何が描かれているのかわからず、しかも小さい人物も丁寧に描かれていたので感心した。濃い色の油彩画と、淡い色の細かいペン画、バリエーションが豊富で飽きることがなかった。
出口近くではテレビで何度も紹介されていた農民がダンスをする動画が大きな壁面に映し出され、立ち止まってしばし見入ってしまった。

 午後1時、2館目の小川原修記念美術館に向かい1時間「ミュージアムロード展」と「麓彩会」を鑑賞、午後5時前に木田美術館に着いた。充実した1日を過ごす事が出来たことに感謝!(T.T)
スポンサーサイト

Volunteer Dairy

2018/8/3
岩内も7月末から1週間余り真夏日が続く異例な事態となっています。
岩内高校美術部のO先生が教員の3年研修で胸にプレイトをつけていらしたのでちょっと驚きました。受付に入ったりと‥‥。3日目今日が最終日だそうです。
府中美術館で木田金次郎展を見てきたというファミリーが来館していました。(S,Mi)

2018/8/7
久しぶりに展示室についていましたが、勉強不足です。館長の後ろで聞いていました。(盗み聞き)
やっぱりたまには展示室で作品に触れる方が良いとつくづく思いました。(K,Y)

2018/8/11
すっかりごぶたさしていました。職員さんに聞いたら今年は団体さんが少ないとのこと、台風が近づくとか天候のせいなのでしょうか。皆さんの足が止まるのでしょうか。多くの方に来ていただきたいと思います。(S,M)

2018/8/15
今日はミュージアムロードスタンプラリーに参加しているお客様が来館。当館は最後だったそうです。楽しそうに木田のスタンプを押されていました。
10時半までに15名くらいいらしていました。(S,Mi)

2018/8/29
東小学校児童が研修に来ました。しっかり真剣に学んでいる姿にうれしくなりました。岡部学芸員の指導も熱が入っていました。(S,M)

2018/8/31
午前10時45分から武蔵野学院学生30名教員5名の団体が来ました。美術科の学生さんなのかとても静かでした。個々で熱心に見学していました。(K,F)  

レシートキャンペーンへの思い

平成18年6月から始まったイオングループ(マックスバリュー・ホーマック)共和店によるレシートキャンペーンも13年目となります。
この間、木田金次郎美術館ボランティア「ポプラの会」にご支援をいただき本当に感謝申し上げます。

このキャンペーンはイオングループが社会貢献の一環として始められたとのことです。毎月11日に黄色のレシートが発行され、買い物されたお客様が「ポプラの会」の箱にそのレシートを入れてくださり、そして1年間の合計金額の1%が物品と交換できるのです。
会では活動の一つとして資料部では新聞切り抜きや図書整理があり、事務用品、スクラップ帳やファイル、保管する棚、また消耗品であるトイレットペーパーやコピー用紙など必要な物も多種多様です。

DSC00161.jpg

今年は、木田美術館開館以来の新聞記事などをまとめるためにDVD-RやSDカード、USBメモリーなどPCに関連するものも購入することになり、7月4日(水)午後2時から贈呈式が行われました。マックスバリューから2名の方が来られ、滝澤館長、会員4名で沢山の品物をいただきました。本当にありがたいことです。
会では今後も引き続き美術館の発展のため、お手伝いしていきたいと思います。(T.T)

DSC00158.jpg

Volunteer Diary

○2018/6/20
 梅雨空で蒸し暑いですが10時頃女性の方2人、ラウンジも2人来られました。
6月13日の「レシートキャンペーン」の買い物TさんとMさんと3人で金額的に上手にできたのですが、在庫のないものがあり、結局3週間くらい贈呈式が遅れそうです。(S.T)

○2018/6/22
 開館と同時に4名の女性のグループが来館。
その後第4展示室の岩内第一中学校美術部展を見ました。木田金次郎の絵はがきの模写を試みたり、岩内の特産品などからヒントを得た町の新キャラ「にしん部長」や「たっちー」などを考案したりとチャレンジが多く楽しかったです。(S.Mi)

○2018/6/24
 どんざ丸の取材のために札幌に行き、全道展を見た。
大きな絵が多く、ひたすら圧倒される。具象画、抽象画、版画、立体、工芸。色々なジャンルの作品があり、様々な色と形が自分の視覚と皮膚の中に怒濤のようになだれ込んでくる。
東京で見た院展や独立展のようなある程度定まった傾向は全くなく、その分こちら側も無防備にさらされてしまうので見ていて疲れてしまう。けれども表現というものの可能性が感じられて考えさせられた。
こうやって絵を鑑賞することができてどんざの編集に携わっていて良かったと思った。(S,S)

Volunteer Diary

2018/5/4
一中の美術部の生徒さん4人と引率の先生2人が来館。藤倉展を中心にワークショップにも参加してくれました。
11時過ぎたら丸、べに子が登場し、写真撮影などして盛り上がりました。
ポプラの会の会員さんの娘さんで一中美術部に所属している方にも初めて会うことが出来ました。(S.Mi)

2018/5/12
今日は藤倉英幸展を見て、講座の人たちと一緒に学芸員さんのお話を聞いたりしました。
藤倉さんは岩内出身のイラストレイターだそうで、うちの娘も夢は同じなので参考になりました。
藤倉さんの貼り絵の世界を通じて北海道のすてきな景色を見せてもらいました。
一概にイラストレイターといっても幅があるんですね。感心して聞いていました。藤倉さんはとても感じのいい方でした。(T.S)

2018/5/22
本当に久しぶりにボランティアに来ました。
札幌の東区の中学生が研修旅行で来ました。
皆さん礼儀正しくて、真剣に岡部学芸員のお話を聞いておりました。
「今」いじめが後を絶ちませんが、こういう子どもたちを見ていると「いじめ」はあってはならないと痛切に思いました。(S.M)

2018/5/23
昨日たら丸バスでの、道立近代美術館ボランティア研修会が無事終了しました。参加人数が13名となりましたが今後の検討課題となります。20名前後が望ましいと思います。
先日留守を預かり、見守りボランティアに出てくださったSさんTさん感謝いたします。(K.F)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析