FC2ブログ

小栗ファミリーは素敵だったね

 12月14日、岩内町ギンザ通りのカフェアンジェラでクリスマスコンサートがあった。
20名のお客様が集まり、ピザとサラダでおなかを満たした後、いよいよ小樽のスタジオシルエットの小栗生也(おぐりいくや)と11歳の聖名(せいな)が演奏を始めた。
曲は『Milkey way』でシンセサイザーに合わせて聖名が細い透き通る様な声で歌う。天使の歌声を彷彿とさせる優しい声だ。その優しさに聴衆は引き込まれ、ささくれ立っていた心がいつの間にかしっとりとしてくる。ヒーリング系のシンセサイザーの曲が多く、合間に英語の賛美歌アメイジンググレイスやグローリアが入り、生也の話が淡々と語られる。

DSCN0786.jpg

 小樽出身の生也は20代で上京し、田舎者だと言うことを悟られない様に気を張って生活していて10数年たっていた。ある冬の日、彼がスクーターに乗って多摩川縁の道を走っていた時、自分が雪のない土地にいるということにひどく寂寥感を感じ、知らないうちに涙を流していたそうだ。そのときの気持ちを『Snow sean』に表現したそうだ。ボーカルはないが、雪がしんしんと降ってくるその情景がありありと浮かび上がってくる。私も数年仙台にいて、根雪のない風景に寂しさを募らせたことがある。その感覚は、雪国育ちにしかわからないだろう。

DSCN0791.jpg

 途中賑やかな音楽に合わせてくじ引きが行われ、3人のお客様にCD等の豪華景品が当たった。他の方達にはかわいいクリスマスカードが参加賞として配られ、みんな大喜びだった。『Sunday』はのりのいい楽しい歌で、聖名もリズムに乗って歌っていた。
そして『きよしこの夜』をみんなで英語とハミングで歌い最後に『Milkey Way』で締めくくった。とても素敵なクリスマスコンサートだった。(S,S)
スポンサーサイト



帰厚院カレーの日のコンサート

12月2日(月)午後5時からたくさんの人が帰厚院に集まってくる。
毎月恒例のカレーの日に合わせて、本堂で津軽三味線と和太鼓のコンサートがあるというので取材させてもらった。
カレーの日の40回特別記念ライブということでの企画だそうだ。
時間とともに少しずつ人が増えてくる。いつもの檀家の年配の方たち、子ども連れのお母さんたち、仕事を終えた勤め人の人たち、みんなとびきりの笑顔だ。6時近くなると本堂へ移動した。

DSCN0784.jpg

帰厚院の大仏様が大きな姿を見せていて、その前には椅子や座布団がたくさん置かれている。参加した方々が大きな本堂からあふれかえり、廊下もいっぱいになってコンサートが始まった。
この日の演奏者は『和心ブラザーズ』で津軽三味線と和太鼓の組み合わせだ。
最初に「こきりこ節」が披露された。和太鼓はドラムのセットのような感じで面白い演奏だ。
曲の合間に三味線の種類と歴史が披露されたり、弾き方による音色の変化を教えてくれたりして、初めて知ることが多かった。

DSCN0778.jpg

和太鼓も、ねぶた祭りで使う胴が桶でできている低音の太鼓で、リズムのとり方を参加した方々の手拍子で確かめるなど参加型のライブでみんな楽しんでいる。
子どもたち向けの古い曲のメドレーや昔懐かしい歌謡曲も演奏され若い太鼓奏者が一人加わり、『津軽じょんがら節』やリクエストの『北海たら釣り節』『津軽アイヤ節』、そして『ニシン沖網音頭』が入ると、中高年の方たちの手拍子で場内は一気にニシン場へとタイムスリップしてしまう。
恐るべき岩内!この日は200人ほどが集まったということだった。(S.S)

波稲の特集ページに載りました!

毎月発行されている岩宇の情報紙「波稲」12月号
『岩内絵画教室』の記事が掲載されました
表紙を飾る木田金次郎の作品の裏ページには次世代の木田金次郎を目指して毎回楽しく絵を描く子ども達の姿が載っています。

20191201110632.jpg

絵を描く楽しさを伝える福田先生の心が紙面から伝わりました
取材をして頂いた皆さんありがとうございました(S. N)

厚木正秋のアレンジはすごかった!

11月14日(木)午後6時前から、岩内町ギンザ通りのカフェアンジェラに1人2人と人が集まってくる。
今日は札幌からジャズライブハウスルート195のオーナー厚木正秋トリオのコンサートが開かれるのだ。
10人ほどのお客様が来店し、牛すね肉カレーを食べてコーヒーを飲みながらまったりしている。そのあと11人のお客様が入り、それぞれに飲み物を頼んで期待のこもった面持ちで待っている。そこへ厚木正秋トリオが登場する。
最初の曲は「クレオパトラの夢」でエスニックなメロデイが独特な雰囲気を醸し出す。次々とスタンダードナンバーが披露され、21名のお客様が少しづつリズムに合わせ、体を揺らしのってくる。

DSCN0697.jpg

途中休息を挟み、「テイクファイブ」や「ラバーカンバックミー」など昔懐かしい曲が入る。そしてリクエストのあった「レフトアローン」がいつもとは違う出だしで入ってくる。マル・ウォルドロンの十八番で有名な曲だが、あの重さや暗さがあまりなく、ピアノのアレンジが華麗で厚みや幅がでて、全く違う曲になっている。
後で厚木さんに聞いたところ、土曜日に札幌のグランドホテルで4ステージ担当していて、曲や構成は特に決めていなくて集まっているお客様の雰囲気を見て毎回構成を変えるということだった。だからアンジェラに来たお客様に合わせてアレンジしたということだった。厚木正秋のピアノはすごかった。
今回はニセコや共和町からも新規のご夫婦がきて、皆さん満足して下さったようだった。(S,S)

インターシップで高校生大活躍!

木田美術館は特別展が終わり展示替えが始まったころ、3名の岩内高校の生徒さんがインターシップにやってきました。
以前からワークショップなどで顔なじみのある岩高美術部の2年生。とても素直で頑張り屋の高校生です
実習2日間とも展示替え期間中で早々に作業に取り掛かってもらいました。
金づち打ちやポスター配り、その他にも力仕事たっぷりの2日間でしたが、3名とも疲れた顔も見せずに一生懸命がんばっていました。
ひとりずつ感想をお伺いしましたのでご紹介します

✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤。✤゜。✤
すごく楽しい実習を受けることができて、緊張していた私に優しく教えてくださった職員の方々にとても感謝しています。
自分の職業選択に生かせるようなインターンシップにしていただきました。ありがとうございました。
岩内高校2年生 S.Mさん

DSC02643.jpg

とても充実した2日間でした。職員の方々はとても優しく分からない所があったらとても丁寧に教えてくれて楽しく作業ができました。ポスター配りでは初めてでとても緊張しましたが職員の人にフォローしていただきとても助かりました。
このインターンシップでは、作業のテクニックの他にコミニュケーションの大事さをあらためて感じることができました。
職員の方々、2日間ありがとうございました。
岩内高校2年生 Y.Rさん

DSC02656.jpg

初めはやったことがない事でどうしたらいいのかわからず緊張していましたが、職員の皆さんのおかげでとても楽しく実習を受けることができました。職員の皆さんにはとても感謝しています。
今回のインターンシップの経験をこの先の進路に生かせるよう頑張りたいと思います。
職員の皆さん2日間ありがとうございました。
岩内高校2年生 N.Yくん

DSC02644.jpg

✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤゜。✤。✤゜。✤
短い間でしたが色々力になっていただき本当にありがとうございました
これからもワークショップでお世話になりますが、またお手伝いよろしくお願いします
ありがとうございました。(S.N)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析