FC2ブログ

コヒマル・カンパニス パート2

 コヒマル・カンパニス代表大嶋正行さんとのお話の中で、岩内町の観光についてのことを伺うことができた。
 大嶋さんは元岩内町役場職員で、木田金次郎美術館や寺町通りの企画・整備にかかわってきたそうだ。木田金次郎美術館ができてから道の駅の入場者数は7倍、売り上げが3倍になった。(1993年と1994年の比較)けれども平均滞在は2時間と短い。

今、ニセコと倶知安からの観光客が増えている。ニセコには3種類の人たちが来ている。1番目に札幌圏の人たちで、田舎でもおしゃれな店で買い物や食事をしたいと思ってきている。2番目には関西の人が避暑に来る。3番目に外国人、オーストラリア人や中国人、ASEAN諸国の人たちだ。ニセコと倶知安には自然はあっても長期滞在者にはアミューズメントが不足している。外国人の人たちは日本の生活や習慣などの体験を望んでいる。

 この頃バスターミナルから協会病院、全修寺から村本テント店の十字ラインに観光客が多くなっていることが見て取れる。その間の店はビジネスチャンスがある。観光客は車で来て道の駅に駐車して、町を歩く。駐車場は必ずしも必要ではない。日本の文化と歴史を感じさせる町であることが、売りになる。例えばケーキ屋はどこでもあるが、餅屋や和菓子屋は少ない。小樽では餅屋に多くの外国人が買い物に来る。小樽には北一硝子ができてから、それが起爆剤になって発展できた。小さいけれども強烈な個性を持つ店の起業があればいい。街歩きの魅力があれば、通過型ではなく宿泊が伴う。そうすれば町が活性化する。

街並みの策定には様々な意見がある。江差や伊達のまちづくりがどうなのか、賛否両論あるだろう。昔からあるものならいいが、改めて統一することで本物感が出るのかどうか。みんなで考えていけばいいだろう。大嶋さんとの話で色々な示唆が与えられたひと時だった。(S,S)

スポンサーサイト

絵画教室作品展-こどもの部は可愛いな~

たくさんの皆さまから感激したという声があり、見ごたえたっぷりだった岩高美術部OGの松原明季美展が最終日を迎え、福田先生や小倉先生が集まり撤収作業と絵画教室作品展の展示作業が始まりました。

展示作業には先生方のほかに今年岩高美術部を卒業した枝元くんや絵画教室に親子で通っている林さん親子がお手伝いに来てくださりました。
DSC01479.jpg

ものすごい数のこどもの部の作品を一点一点先生が配置を決め、全員で展示をし閉館時間にようやく完成することが出来ました。
絵画教室の“こどもの部”には福田先生が岩内高校で当時担任をしていた生徒の妹さんが絵画教室に通っていたり、生徒だった子が親となりその子どもが通っていたりと、まるで我が子の作品を展示しているかのような先生の姿がとても素晴らしいな~と思いました。

DSC01493.jpg
家族や友達の似顔絵

こうして開催されたこどもの部の作品展は350点以上もの可愛らしい作品に埋めつくされ、初めて美術館に飾られた幼稚園の子どもたちから「うれしかった」「いっぱいあってびっくりした」とお話をしてくれて、一年間の子ども達の成長が感じられる楽しい作品展になりました。(S.N)

DSC01502.jpg
ダンボールに描かれた動物たち

岩内町スポーツ・芸術文化表彰式

毎年行われている岩内町スポーツ表彰にこの度初めて芸術文化での表彰がありました。
さまざまな美術展に出品している岩高美術部OBの枝元善藏くんは「芸術文化賞」に、他にも美術部員の中学生、岩内絵画教室に通っている小学生たちの顔なじみの子たちが表彰されていました

DSC01364.jpg

文化面でもがんばっている町民の方々の励みになる表彰式でした。
皆さんおめでとうございます(S.N)

珠玉の大人のバラードコンサート

2月23日(土)午後6時に岩内町ギンザ通りのカフェアンジェラでコンサートがあった。
お客様は16名でワンプレートの夕食を頂き、ゆったりとお茶を飲みながら、公務員のYさんのピアノと歌姫のMさんのセッションを楽しんだ。Yさんはお仕事が忙しいところを無理してお願いしていたので気になっていたが、テレサ・テンの歌や中島美嘉の「雪の華」等がつやのある歌声で披露され、ピアノ伴奏もしっかりしていて、皆さんうっとりとしてた。
そして永六輔、中村八大の「遠くへ行きたい」松任谷由実の「春よ、来い」「卒業写真」を観客全員で声高らかに歌い心が開いてとてもリラックスしていた。

DSCN0687.jpg

後半はMさんとYさんの「スイートメモリー」「つぐない」で色っぽく切々とした歌声と軽妙な語りで皆さん聞きほれていた。アンコールはサントリーのCMソング「ウイスキーはお好きでしょ」で締めて、アルコールも出ていないのにほんのりと桃色に上気してくるようだった。
8時前には終了し、お客様はとても満足して下さったようで「また声をかけてね」と言われてうれしかった。
4月後半には札幌からジャズメンが2人来るので、もっと皆さんに満足してもらえる会食とコンサートにしたい。(S.S)

絵本館の活動

2月上旬に絵本館のボランティアをされている方々の新年度の打ち合わせを取材させていただきました。
絵本館のボランティアさんは絵本館での業務のほか、年に数回行なわれているイベントの準備や赤ちゃんの10カ月検診時に行なわれるブックスタートをサポートしているそうです。

IMG_0175.jpg

数年前は絵本館のボランティア、ブックスタートのボランティア、ハンドメイド部と3つに分かれていたそうですが現在は全て一緒に活動をし13名のボランティアさんで支えられています。ボランティア活動は15年ほど前の「ブックスタート」がきっかけで赤ちゃんが楽しめるようにと手作りおもちゃを作ったり、本の読み聞かせをして10カ月検診を行なっています。

IMG_0170.jpg

今回取材のためにたくさんの手作りおもちゃと資料を見せてくださった藤平さんは「岩内町の子どもたちが楽しめるように活動をしています。」とお話をされていました。絵本館やイベント会場の優しい空間が出来上がる秘訣はボランティアさんの穏やかな雰囲気と子ども達への想いが伝わっているからだとわかりました。(S.N)

DSC00516.jpg
昨年の「絵本フェスタ」の様子
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析