初めての人物が入った風景画

 昨年10月の公募展「第92回道展」の油彩部門で入選した
岩内高校美術部OBの谷口進吾さんにお話を伺った。
今まで工事現場の風景を描いてきた谷口さんだが初めて人間を大きく画面に入れている。
「往く」という題名で自分を描いた。

『人物を入れたのは、美術大学受験で油絵で人物を描くためだった。地面の面積を大きく入れるためにあえて斜め上から人物を見ている角度にした。人の手が加わってできる轍(わだち)とかの造形や水が流れたりしてできた形を描きたかった。』

DSCN0854.jpg

『自分が歩いてどこかに行く前進する。そういう前向きなイメージを表したかった。人物を油絵で描いたのは初めてで難しかった。でも石膏像のデッサンがベースになっているのでそんなに違いはない。人物を描くにあたっては、形がくるっていないことが前提で、形を意識して描いている。これから人物とかにもどんどん挑戦したい。人間なら自分でも誰でもかまわない。今回の絵は人物が思ったより描けていない。造形的なことと内面的なことと、もう少し深みのある掘り下げた表現がしたい。』


美術大学受験前で忙しいところ申し訳なかったが、言葉を探しながらぼくとつに話す姿は穏やかでいて、絵画を愛する気持ちの深さがにじみ出ているようだった。(S,S)
スポンサーサイト

色んな西村計雄さん

昨年9月に絵画教室のこどもの部のみんなで共和町の西村計雄記念美術館に見学に行き、たくさんの絵をみてきました!
そして、西村さんの顔をみんなで描きました

現在西村計雄記念美術館でその作品を2月7日まで展示しています
色んな表情の西村さんがたくさん飾られているので是非ご覧ください!

IMG_2827.jpg


IMG_2830.jpg

西村美術館で行っている『こびと探し』も楽しいですよ~

IMG_2832.jpg

西村計雄記念美術館のホームページは こちら→✿

今年も絵画教室受講生から入選しました!

今年は「北海道出光こどもお絵かきコンテスト」に絵画教室で描いた、
受講生の越後結凪さんの作品が応募総数7910点の中から
佳作に選ばれました
お父さんの船を描いた作品は岩内らしさが出ていてとてもいい作品です。

100863065.jpg

毎回違う作品作りを教えてくれる福田先生。一生懸命に描いている子どもたち。
来年3月に行なわれる「岩内絵画教室作品展」で楽しい作品が飾られるのがとても楽しみです

DSC08212.jpg
※写真は昨年の作品展の様子

「北海道出光こどもお絵かきコンテスト」のホームページは こちら→✿

高文連入賞すごいね

岩内高校2年生の枝元善藏さんが入賞し、全国の高文連に行くことになった。
それで枝元さんのお話を伺った。

22221719_319878965154633_3136011674622900919_n.jpg
 
『小学校1,2年生のころから絵が好きで図鑑の虫や鳥を模写して細かく描いていた。中学校の時はインターネットから動物の画像を引き出して描いていた。高校に入ってから初めて油絵の具を使い始めて、最初はとても新鮮な感覚だった。でもすぐ慣れて思うように描けるようになった。
「朽車」は、周りの景色を薄くして抑えて車のライトは明るく目立つようにした。崩れた形を描いてみたかった。車全体はばらばらになっているのを見て、ライトを強くした。いつも漂流物やごみを題材に選んでいるのは、特殊だと言われた。他の人が気づかないような物、自分以外が選ばないような題材にした。自分の考えを出すような絵は描いていない。美しいと思う物を描いて伝えたい。
混色はたくさんしている。陰の色は固有色の暗い色を使っている。黒ではなく補色を陰に使うと発色がよくなる。錆の部分にはベースに茶色やバーミリオンを使っている。これからは人や動物を描いてみたい。写実的に描いていきたい。』


とてもシャイで控えめな受け答えであったが、自分の表現様式についてぶれがなく、とても意志的なものを感じた。
これからも自分なりの美を是非披露してもらいたい。(S,S)

高校生も職業体験!

11月8、9日の2日間、岩内高校生が職業体験にきていました。
美術館では展示替えの真っ最中
いきなりの力仕事、ポスター発送の準備などイメージしていた美術館の仕事ではないことばかりでしたが、とても真面目なお二人はもくもくと作業を行ってくれていました
職場体験を終えたお二人の感想をご紹介します。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 木田金次郎美術館の皆様、この度はお忙しいところ私たちにご指導いただきありがとうございました。
ちょうど展示入替だったということで、境界やパネルの設置をやらせていただくなど、普段はなかなかできない貴重な体験をすることができました。
木田金次郎さんの生涯や絵についてたくさん知ることができ、とても興味深かったです。
木田金次郎さんが泊村の風景をたくさん描いていたのを見て、村民の私はなんだか嬉しく思いました。
 最後になりますが、二日間のインターンシップを有意義なものにさせていただいたこと、とても感謝しております。職員の皆様、たいへんお世話になりました。
今度は観覧客として訪問させていただくかもしれないので、その時はどうぞよろしくお願いします。
本当にありがとうございました。
                   岩内高等学校 2年 U.Sさん

DSC09101.jpg

 今回の職場体験で美術館の仕事を体験し、職員の方々と一緒に働けてとても楽しかったです。
ちょうど企画展の準備の日だったので、展示の準備やパネル貼りなどの力を使う仕事が多く、美術館での仕事は事務的なものだけではないと知りました。
他にも倉庫や機械室を見せていただき、美術館の設備について知ることが出来ました。特に、館内の湿度、温度を調節する機械はオール電化で、月の電気代がとても高いことが驚きでした。作品の維持はとても大変だということが分かりました。
お忙しい中ご指導いただいた職員の方々、本当にありがとうございました。
                   岩内高等学校 2年 E.Yさん

DSC09102.jpg

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お二人のおかげで美術館職員は大変助かりました
本当にありがとうございました。
今度は美術館に遊びにきてくださいね
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析