FC2ブログ

鮑とテックイ(ヒラメ)の刺身

1月31日今日は美術館の新年会です。早めに家を出て岩高芸文祭を見学しました。
新年会の会場が円山の高島旅館、ここ2,3年続いて利用していますが、聞くところ中々会場予約が多く利用できない方もあるとか。本当にご苦労様です。
美術館の方から高島さんの新年会の感想を一筆書いて原稿を出すように注文を受けてしまいました。綴方を書くように先生から指示されたような思いで引き受けました。

DSC01167.jpg

出席者20数名ですが、長方形のお膳は鍋用コンロが点々と置かれ、これを囲んで席前に並べられている料理は隙間無し。境界問題で国際紛争が起こりかねない有様。しかし食事のお膳はこうでなければ平和は得られないから不思議なものです。
旅館から出される料理は、品数は多すぎて不明。皿数で数えれば約15点他に浜鍋、デザートとなり満腹度は満点です。
これに適当にアルコール類が吸収されるのですから当然言うこと無しと答えが出てきます。旅館ではホテル方式に料理の皿を配りますからより一層満足度を満たして行きます。生ものを取り扱いする上で効果的配膳なのでしょう。

DSC01172.jpg

食材は生ものが主で時には普段全て口にしない食べ物が提供される。そしてこれを煮て、焼いて、生で食べることでこの魅力が倍増され、翌年の新年会には又行ってみようかとなるのでしょうね。
又ビンゴという競馬の遊びも大人の楽しみにピッタリですね。それにしても女子職員の皆さんがいろいろお世話をされ楽しく時間を過ごすことが出来るのはやはり最大限の魅力なのかも知れませんね。
欲を言えば一度木田敏斌さんの来岩時に一目お会いすることが出来れば楽しいものになるのではとも思いました。時に忘年会になるのかも?(Y.Y)

DSC01182.jpg
スポンサーサイト

第19回 「仲間たち展」を観て

2019年1月13日(日)~20日(日)まで開催された第19回「仲間たち展」を鑑賞した。
岩内高校美術部のOB,OGによる作品展である。
参加された方々により作品に変化があってとても見ごたえがあった。

DSC01080.jpg

特に印象深かったのは久保奈月さん(2003卒)の作品で「月のカケラ」。
作品を横から、下から、近づいたり離れたりといろいろな角度から観た。不思議な空間である。

DSC01065.jpg
久保奈月「月のカケラ」

また谷口進吾さん(2017卒)の作品はいつもとは違い、新しい感覚であった。

DSC01052.jpg
谷口進吾「静物」「Halloween Night」

初回から出品している新見亜矢子さん(1997卒)の温かい色彩は、観ていてホッとする。「あっ、今回はこれなんだ!! 」と待っていた人に久しぶりに会ったような気分。

DSC01072.jpg
新見亜矢子「LONDON」

「絵の町岩内」と言われるが、何十年も続いている各種の絵画展。少しは絵に興味があり、絵画教室に通ってつたない絵を描いている私も、何だか仲間になったようで誇らしく思うのである。  (T.T)

ぷっくりしているプラバン!?

新年早々に行なわれた岩高美術部員が企画した「高校生によるワークショップ」でぷっくりとしたプラバン作りをしました
ぷっくりしたプラバンが想像できずどんなだろ~と思い部員からの説明を聞くと、プラバンに絵を描いてプラバンをトースターで焼き、焼けたら樹脂を塗って紫外線をあてるとぷっくりとしたプラバンが出来上がると言うことでした。

DSC01030.jpg

参加者7名の小学生たちはお友達同士でおそろいの絵柄のキーホールダーをつくったりと面白い作品がたくさん出来上がりました。
いつの間にか高校生と小学生が仲よくなっていて楽しい時間を過ごせたワークショップでした(S.N)

DSC01028.jpg

今年はイノシシ年!

木田金次郎美術館で毎年年末に行われている干支のカレンダー作りを開催しました。
小学生4名と岩高美術部員、顧問の小倉先生、飛び入りで地域おこし協力隊の松井さんが参加され作業スタート

DSCN2918.jpg

今年はイノシシ年ということでタイトルはイノシシをかけて
「猪(ちょ)こ猪(ちょ)こ進もう!亥年カレンダーを作ろう」にしました。
イノシシは猛スピードで駆け抜けますが、カレンダーはイノシシのイラストがちょこちょこっと進む動きのあるものです。

DSCN2920.jpg

小学生のみんなはアイデア満載の可愛らしい作品で工夫を凝らしていました
松井さんは岩内愛が溢れる作品を、美術部部員はやっぱり上手、小倉先生はさすが!な作品をそれぞれ作っていました
今年も一年色んな夢に向かって突き進もう
ご参加ありがとうございました。(S.N)

DSCN2983.jpg

2018美術講座終わる

年4回5月から奇数月の第2土曜日は、木田美術館恒例の講座が開催されている。
11月10日は今年度最後の講座なので終講式も行われ4回出席した8名に修了証書と記念品が渡された。

今回の講座は、“出版100年有島武郎「生れ出づる悩み」”の巡回展について説明があり、7月21日(土)から府中市美術館、10月13日(土)から札幌JRタワープラニスホール、11月23日(金祝)からニセコの有島記念館、そして最後は2019年1月12日(土)から3月31日(日)までの木田美術館での開催となる。

DSC00857.jpg

内容は有島記念館から殆どの資料、木田美術館からは木田の作品60点と、近代美術館と北海道銀行からの木田の作品20点合わせて80点が展示されたのである。
また展示室4で開催された平成の「生れ出づる悩み」の若い人の作品や、岩内出身のはり絵画家藤倉英幸氏の作品も展示されたという。これを聞いただけでも如何に展示スペースが広いか想像できる。

DSC00834.jpg

木田美術館も作品の展示が必要なので、収蔵庫は写真で拝見したのだが、中はがらがら、広い空間に残された作品がちょっと可哀想に見えた。ついこの次は展示してもらえるからねと心の中で呟いた。
岡部学芸員はこの計画が決まってからのエピソードを楽しそうに話してくださった。絵の運搬の難しさ、関わった方々との不思議な巡り合わせ、大きな都市での展覧会の効用などなど。例のごとく時間は大幅にオーバーし、まだ話足りない様子ではあったが、ここは押して終了し美術館の企画展の説明のため展示室1へ。
最後はティラウンジで瀧澤館長のご厚意でコーヒータイム。無事今年の講座も終わった。(T.T)

DSC00845.jpg

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析