職場体験実習を行いました

7月26日~28日の3日間、後志の中学校の教員の方2名が当館で職場体験を行ないました。
DSC07056.jpg

教員という職業柄、とても手際が良く、お客様への対応も丁寧で、色々な仕事に対応してくださりました。
お二人に3日間の感想を書いていただきましたのでご紹介します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
教員という職業以外の経験を通じて,自己の見聞を広げさせていただくために,木田金次郎美術館での研修の参加させていただきました。
日常の生活では味わうことができない貴重な体験をいくつもさせていただくことができたと考えております。
また,その中で接客を通じた相手への「おもてなし」の心や態度について理解を深めることができたとも考えております。
この経験を,今後の仕事に少しでも反映することができるように日々精進していきたいです。
今回はお忙しい中にもかかわらず,貴重な時間を割いていただきまして本当ありがとうございました。
岩内町立岩内第二中学校  N.T

DSC07054.jpg

社会人になってから教員という仕事にしか就いたことのない私にとって、この木田金次郎美術館で実習させていただいた3日間は今までに体験したことのない大変貴重な経験となりました。
来場されたお客様が作品をご覧になったときの、笑顔や感動している姿が一番心に残っています。
絵で人々の心を動かすことのできる木田金次郎さん、そして美術館の環境をいつも丁寧に整え、お客様のことを一番に考えている職員の方々のことをとても尊敬します。
お忙しい中、実習を受け入れて下さり、そして丁寧にご指導して下さり、本当にありがとうございました。
余市町立旭中学校  S.H

DSC07060.jpg

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
色々な場面で協力して頂き、ありがとうございました。3日間本当にお疲れ様でした。
次は生徒さんを連れて美術館に遊びに来てくださいね。今後のご活躍を願っています。(S.N)
スポンサーサイト

絵画教室子どもの部で荒井記念美術館に行きました☆

4月から始まった絵画教室の受講内容の一環として子どもの部のみんなで荒井記念美術館に見学に行ってきました

7月10日に行ったクラスではあいにくの雨模様。
たら丸バスに乗り込み遠足気分で出発!
小学生の多いクラスのみんなは真剣に絵を見てきました

7月17日は年長さんの子が多いクラス。
福田先生から美術館の説明を受けて出発です
IMG_2027.jpg

荒井美術館に到着し、スタンプラリーをしたり、広~い館内をぐるぐると探険しながらピカソの絵をたくさん見てきました。雨も止み、美術館の庭でみんなで探険!
IMG_2032.jpg

色々な彫刻やオブジェの数々。景色もとってもよかったです。
子どもたちは広い庭でバッタを見つけたり、葉っぱ集めに夢中の様子でした
IMG_2037.jpg

最後に荒井美術館の学芸員さんに可愛いお土産をいただきましたありがとうございました!
たくさん見学して遊んだあとは、次の絵画教室でピカソの<顔>を描きます。
未来の小さな画家たちはどんな<ピカソ>を描くのかとっても楽しみです(S.N)
IMG_2042.jpg

8月26日(金)はナイトオープン!!

暑い暑いもつかの間…秋の気配を感じています
美術館恒例夏のナイトオープンが近づいてきました。
午後6時30分より、7月から始まった企画展示「木田金次郎の<肖像>ポートレート」を学芸員による熱い展示解説が始まります。

DSC05668.jpg

その後はお待ちかね、冷たい飲み物と美味しい食事がお出迎え

昨年に引き続き、共和町の『Grow up』のみなさんによる採れたて新鮮野菜の直売もやります

キャプチャ


楽しいひと時を美術館で過ごしませんか?(S.N)

※写真は全て昨年の様子

☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★

『夏のナイトオープン』
2016年8月26日(金)

18:30~19:00 ギャラリートーク
19:00~20:00 ナイトラウンジオープン

参加費 1,000円(観覧料・ドリンク代込)
      ≪前売券 発売中≫

☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★…☆…★

『高文連岩内高校美術部作品展』始まります!!

「高文連後志大会」にあわせて岩内高校美術部の生徒さんの作品が展示されます
ぜひ皆さん、岩高美術部の凄さをご覧ください

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

『高文連岩内高校美術部作品展』

2016年8月24日(水)~8月28日(日)

木田金次郎美術館 第4展示室 入場無料

※現在開催中の『しりべしミュージアムロード共同展』は、
8月24日(水)~8月28日(日)の期間中は展示構成・会場が変更になっております。
ご了承ください。尚、スタンプラリーは行っておりますのでご来館お待ちしております。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

第22回生誕祭 ミュージアムコンサート『チェロとチェンバロの彩り』

7月16日(土)午後6時より開館当初よりお越しいただいているチェンバロの明楽みゆきさんと、チェロの藤田淳子さん(昨年に続き2度目)のデュオで記念コンサートが開かれました。
DSC07017_201608091405433f6.jpg

~第1部 弦の妙なる調べ~
全てバロックでの構成。3曲目、カザルスのカタルーニャ民謡「鳥の歌」は奏でられた瞬間から哀感あふれるメロディーにどんどん引き込まれていきました。
繊細な命への愛おしさが、チェロのハーモニクスに巧みに表現されていて、とても印象深く残りました。奏者も感情を抑えきれない様子でした。
鳥を詠った楽曲にはなぜか心を震わせる作品が多いように思います。
ソロは無伴奏チェロ組曲第3番より3曲。チェンバロではクープラン「恋のうぐいす」など4曲...美しい曲が次々と披露されました。

~第2部 四季の移ろい~
春夏秋冬の馴染み深い作品から数曲ずつセレクトされた日本歌曲(全17曲)。
荒城の月、夏は来ぬ、浜辺の歌...。心地よい音楽に揺られながら思わず口ずさみたくなったりも...。
叙情豊かなチェロのメロディーに琴のようにチェンバロが寄り添うと、情景が更に広がりをみせます。日本歌曲と二つの楽器の相性は素晴らしく、これ以上はないように感じています。

コンサートの終わりには、中田喜直の「夏の思い出」を会場の皆さんで...。フル伴奏のような雰囲気の中で最高に贅沢な気分に浸りました。
DSC07033_20160809140545b35.jpg

回を重ねてきたチェロとチェンバロ『奏(かなで)』は、展示室の木田作品ともコラボし、年に一度の今日の日を待っていて下さる方もいるのでは...と。未体験の方は夏の夜のひと時、是非一度お運び下さいね。
明楽さん、藤田さん、意を尽くした演奏、誠にありがとうございました。
お二人のご活躍、岩内より願っています。(S.Mi)
DSC07042.jpg
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析